FC2ブログ

ミエナイチカラ

プレゼントに注意






たまたま
ネットで見かけた
ドロップ形の赤い色の石が
トップに付いたネックレス

その色合いが
ユノの肌に似合いそうだなと思い
僕は購入ボタンを押していた










C『これ……』

Y「ん?」

C『クリスマスプレゼントの
第1弾です』

Y「えっ!クリスマス?」
「まだ12月入ったばっかりだぞ?」

C『だから…第1弾なんです』

ネックレスは
注文から2日で
手元に届き

何か記念日にかこつけて
渡せば良かったんだろうけど
直ぐにでもユノに渡したくて
届いた次の日には
下手な言い訳をしながら
ユノにプレゼントした

Y「なぁ 開けていい?」

ユノの為に買ったのだから
いいに決まってる
僕がどうぞと答えると
ユノは嬉しそうに梱包をほどき始め
箱を開いて中のペンダントを確認すると
ユノはそれを見たまま固まった

Y「……」

C『……』

あれ?
何その反応?

わぁ~綺麗とか
着けてもいい?とか
無いの?

僕はユノに気に入らないのかと
聞いてみると
ユノは違うと首を横に振り

とっても綺麗で素敵なんだけど
自分には合わないと言ってきた

ユノに似合わない?
そう?

ユノのその白い胸元で
その赤いの石が揺れてるの想像したら
たまんなくいいのに!と言うと

ユノはこの石の意味を
知ってるのかと聞いてきた

石の意味?
石に意味とかあるのか?

確かこの赤い石
インカローズとかって
ネットでは書いてあったような…

ユノは東方神起の色に近い
パワーストーンという事で
以前何かでこの石について
知ったらしくこの石は

恋愛成就
恋を呼び込む
美意識を高める
心の傷を癒す等々

恋人と別れてしまった人や
マンネリ気味の夫婦といった人に
おすすめのパワーストーンらしい

違っ!!

そんな意味なんて知らないし!
ただいい色だと思ったからで
マンネリでもないし!
僕達別れた訳じゃないから!!

僕は慌てて
意味なんてなくて
ただユノに似合いそうだから
買ったんだと言うと

ユノはクスクス笑いながら
そのネックレスを身に付けて

マンネリ防止に
これ付けてエッチしよって
言ってきた

はい!!

もちろんです!!

…って

だから違うって!!

僕達マンネリでも無いし
別れてもないからね!!!







結局 僕達エッチして
ラブラブを再確認したのであった






















チャンミン ありがとうなのぅ( ∵)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




ただのラブい二人でした
新しい話はこれじゃないんですが…(;^_^A

スポンサーサイト



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/12/08(日) 23:58:02|
  2. SS
  3. | コメント:1

好き









ユノside





『いい色ですね』


『貴方に 似合ってます』


仕事柄 頻繁に髪型を変えたり
髪色を変えるってのに


お前は必ず
そう言って誉めてくれる


撮影が終わったら直ぐに
黒く戻さなきゃならないと言うと


『もったいない…』


『でも黒髪の貴方が一番いいです』


「/////」


嬉しいけど


照れる


そんな事があったせいか
撮影の時にチャンミンの事を
意識しちゃって


カメラマンやスタッフ達に
どうしたの?何かいい事でもあった?
分かったいい人出来たんでしょ?
教えてよ…等と
色々と茶化されてしまった


そう言われて慌てる俺を
お前は助け船を出すわけでもなく
スタッフ達と一緒に茶化すわけでもなく
何も言わずに平然と見ているから


もっと恥ずかしくなってきて
毅然と振る舞ってみても
上手くいかなくて


終いにはいつものユノさんで
いいんですよ なんて言われて


どれだけ恥ずかしかった事か


結局 撮影は何度か取り直しを
する事になってしまって
俺はひたすら謝る事になって


撮り終わってから皆に謝り
控室に戻って来ると
先に終わっていたお前が


『調子良くなかったですね』


なんて言ってきて


誰のせいだ!!


そう言い返してやりたかったけど
俺はグッと堪えた


だって口に出したら
バレそうで


お前の事が好きなんだって























チャンミンside





いつも貴方を見ていたから


貴方が僕を
意識しだしたのは
直ぐに気付いた


僕の視線や言葉を
変に意識して


今日みたいに
いつも以上に力が入りすぎて
空回りして


そんな可愛い貴方を
直ぐにでも腕の中に
抱きしめたかったけど


1度でも抱いたら
歯止めがきかずに
最後までいってしまう


そんな気がして…


貴方よりも僕の方が
好き…が強いのは
当面 隠しておこうと決めた













troubleは 書くのに苦しい所に来つつあるので
(レ○プ シム)
逃げました( ̄▽ ̄;)←オイ
ポチっと応援よろしくお願いいたします





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします






お話違いますが
ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
シムさんの頭にカメラ付きメット
いただきますwww
どうしようそれ楽しそうwww
(また おバカな事 考えてますよ)
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ~



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/26(火) 23:37:53|
  2. SS
  3. | コメント:0

腹が減っては 再び






日本デビュー15周年
記念アルバムを引っ提げての
ドームライブが始まる

ツアーに向けて
SAMさんやスタッフと話し合い
帰りは毎日遅くて

晩ごはんは現場に届けられる
ケータリング等で
済ませてしまうんだけど

今夜は少しだけ
早めに上がりになって
チャンミンが
インスタントラーメンを作り始めた

『ユノ』

『ユノは1つでいいよね』

「……」

俺は1つでいいよねって…

それでいいんだけど
ここで2つって言ったら
お前めっちゃ驚くよな

俺は思わずイタズラ心が
わいてきて
チャンミンに2つと答えた

それを聞いたチャンミンは
その大きな目を
さらにまん丸く
これでもかと見開き

『ユノ2つ?』

『2つも食べるの?』

『本当に?』と驚いて

そんなに驚かなくても
いいのにと
俺は笑いを堪えながら

2つ食べるから
2つラーメン煮て!!
と言い切ると

『どこか調子悪いの?』

『お腹?』

『風邪?風邪ひいた?』

『熱 測ろう!』

とチャンミンは
ラーメンを作る手を止めて
体温計を取りに向かった

おいおいおい

何で俺がラーメン2つも食べたら
調子が悪いんだよ!

俺は戻って来たチャンミンに
脇の下に体温計を突っ込まれ
おでこに冷えピタを貼られて

早く寝ろ!!と
ベッドに放り込まれるのであった



































にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
そう言ってもらえると本当に嬉しいです~
次はもっと弾けたお話に(チャンミンが)
お話にしたいと思ってますが
まだ途中のお話もあって…
ソンムル作れる方って尊敬します(*´ー`*)
我が家はプリンターが無い家でして
羨ましい限りです(ただの不器用とも言う)
これからお付き合いくださいね
お待ちしてます





テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/09(水) 23:38:06|
  2. SS
  3. | コメント:0

指導





『人様に見てもらうには
まだまだじゃねぇ~ですか』

そりゃ……
バッキバキに鍛えたお前には
まだまだ敵わないけどぉ…

でも結構いい線まで
きてると思うけどなぁ~





部屋の壁に貼られた
フィルムミラーの前で
腕や腹の辺りを
さわさわしてたら

いつの間にか
チャンミンが後ろに来ていて
俺の体を見て

ここがもう少し
ここもまだ鍛えられる
ここはいい線まできてますと
俺の体をあちこち触りだしたんだ

最初のうちは
フンフン言いながら
聞いていた俺だけど

ヤバい………

チャンミンの手が
俺の体に触れてくる度に

触られた所が
ジワジワ熱くなってきて

俺の息子もじんわり
元気になってきて

チャンミンも
そんな俺に気付いてて
熱い目で俺の事を見てて

チャンミン…

しよっか……

俺はまだ筋肉指導の
フリをしている(たぶん…)
チャンミンの手を取り言った

「チャンミン熱い」

「したくなった……」

と素直に言って
抱いてもらった














狙い通り(´・J・`)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます
そうシムは上ですから(≧▽≦)www
話の方ももちろん一択です!!
ミンホなんでwww
これからもお付き合いください
変態がお待ちしてます~( ☆∀☆)



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/08/22(木) 23:38:15|
  2. SS
  3. | コメント:1

サービス券 その後





ユノから貰った
サービス券

名刺サイズのカードに
ユノの手書きで
表には 料理 掃除
マッサージと書いてあり
その裏には使用条件が書いてあった

23時~
次の日が午後から
またはオフの日

その意味を理解した僕は
速攻スケジュールを確認し
愕然となった

そんな日
当面 無い

二人での仕事は勿論
ユノも僕も
お互い予定がびっしりだった

えっ…

もしかして
これ…使えない券?

別に23時以降じゃなくても
良くない?

次の日が午後からや
オフで無くても
いけるでしょ?

いやいや
そこは守んないと
男が廃る!!

今は使えなくても
必ず使う日は来るから!!

僕はサービス券を全て
ラミネートし
専用カードケースを用意
念のためにデータにして
スマホに残しておいた


























あれ? チャンミン券使わないのぅ?( ∵ )

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




大丈夫
ちゃんと使ってもらうから( ☆∀☆)
コメントお返事は
別にしますね( ・∇・)


テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/08/13(火) 10:42:30|
  2. SS
  3. | コメント:0
次のページ