FC2ブログ

ミエナイチカラ

面倒な男







こんにちは私 東方神起の
マネージャーやってます

ここ数ヵ月
ユノとチャンミンは
各々ソロでの仕事が
メインになってて

それに伴って
二人ともその仕事の繋がりで
飲みに行く事も増えだして

チャンミンはいい

飲んでも周りに合わせられるし
自分のペースを分かっているから

問題はユノだ

酒にめっぽう強い…
って訳でもないのに
そういう場に出ると
最後まで居たがるもんだから

帰る頃には
顔も首も腕も
皆 真っ赤になって
足取りも いつも以上に
ふわふわしてて

そうなると
帰宅したユノを見て
チャンミンが心配して

次にそういう場があると
俺の携帯に何度も
メールが入って

“ユノはどんな状況?”

“もう真っ赤なんでしょ?”

“あんまり遅いと
仕事に差し支えますよ”

“先に帰る事出来ます?”

チャンミン面倒くさい!!

仕方ない…

俺は飲んでるユノに
チャンミンが待ってるから
そろそろ お開きに出来ないかと
言うのであった








ユノが家に帰ってから
チャンミンに叱られようが
何をされようが

仕事に穴を開けないなら
俺はいっこうに構わない
(激しすぎるのはダメだけど)










そろそろエッチをして欲しいよね( ・ε・)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




スポンサーサイト



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/29(土) 00:16:05|
  2. スタッフの受難
  3. | コメント:1

live *25





ユノside









村の見学を終え
俺は彼…シムさんに
村はどうだったか聞いてみた

シムさんは俺に
柔らかな笑顔を向けると
空気が美味しくて
自然が豊かで
食事も美味しくて
(昼食に村で取れた野菜等で作った
弁当を出した)
とても良い所ですねと
言ってくれた

なかなかの好感触

移住についてどうなのか
直ぐにでも聞きたかったが
あまりにも直球過ぎるかと思い
俺はまた連絡して下さいとしか
言えなかった

彼が帰り際に
村で取れた野菜や果物等を
送らせて欲しいと言うと

シムさんは
そこまでしてもらうのは
申し訳ないですと断られ
移住は無いのかと思ってしまった

それでも諦められなくて
俺は移住云々抜きで
また村に遊びに
来てくださいと言っていた

シムさんは
そんな俺に深々と頭を垂れて
ありがとうございますと言って
帰って行った



若くて 背が高くて
格好良くて礼儀正しくて
優しそうだった

シムさんが村に来てくれたら
楽しいだろうなぁ
俺は心からシムさんが
来てくれるのを願った










また寝てたσ( ̄∇ ̄;)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします





お話違いますが
は○○ん様
コメントありがとうございます(*^-^*)
ハイ!私も式に参加希望します!
誓いのキスシーンを何枚も撮ります!!
宜しければご一緒にwww
また遊びに来てくださいね
お待ちしてますヽ(・∀・)ノ

ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*^-^*)
皆のリクエストに答えて
ディープなキスにも答えました
byシムwww
皆から黄色い声が上がってそうです!!
ホジュンさんは大変そうですがwww
また遊びに来てくださいね
お待ちしてますヽ(・∀・)ノ



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/28(金) 04:30:23|
  2. live
  3. | コメント:0

いつもの おまけ ・ 5




ホジュンさんside









ユノとシム・チャンミンの
結婚式当日

二人の門出を
祝うような
清々しい晴天

店は本日貸し切り
前日から二人やスタッフによって
店内を飾り付け
各々のテーブルには
サーモンピンクのバラと
プチサイズのグリーンのバラを飾った

式の前に二人には
店の奥(スタッフルーム)で
着替えてもらい
招待客が来る前に
俺が1番最初に
二人の晴れ姿を見た

二人は男の俺が見ても
ため息が出そうな位格好良く

ユノはネイビーのスーツに
ライトブルーのアスコットタイ
シルバーのネクタイリング

そしてシム・チャンミンは
ワインのスーツに
ネイビーにホワイトの
ドット柄の蝶ネクタイ

スーツは俺とユノの友人の
BoA用意してきたのだが
ネクタイリングは
シム・チャンミンから
ユノへのプレゼントだと言っていた

ユノは最初
リングをプレゼントされるのを
断ったらしいが

シム・チャンミンとBoAから
指輪やネックレス等に使えると
強引に勧められ
押しきられたようだ

結婚指輪も用意してるのに

お前どれだけ
ユノの事が好きなんだよと
突っ込みたかったが

俺には関係のない事だし
二人にはよく似合ってると
言っておいた

そして式が始まり

お互いの家族 親類
友人に見守られる中
二人は永遠を誓い
指輪を交換
誓いのキス……

これがまた長かった…

軽く触れて離れた二人に
写真を取り損ねたと
皆で煽り 随分長い間
二人はキスをしていた

頼むから…

料理を出すタイミングを
見ている俺にとっては
あまり時間を押さないように
して欲しいと思ったのであった




















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




お話違いますが
コメントお返事です
wi○○○○i様
コメントありがとうございます(*^-^*)
そう言ってもらえると
私の方が嬉しいです♪
特に特別な事も無く 田舎である日常
二人とも何となく気になってきてて
でもチャンミンに来られちゃうと
ユノが引いちゃって
この先が心配です(笑)
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます♪


テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/26(水) 23:20:14|
  2. いつもの
  3. | コメント:1

コメントお礼


ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´ω`*)
いけいけシムwww
スイッチ入ったよ!
どう攻めるんですか!!
そうシム氏 貴方は攻←知ってる( ☆∀☆)
この後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~

は○○ん様
コメントありがとうございます(*´ω`*)
そう少しずつ距離が縮まってきてるのに
ここにきてユノちゃん恥ずかしくなってきてます
そこが可愛いの(*≧з≦)←アホ
この後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~

wi○○○○i様
コメントありがとうございます(*´ω`*)
やっとチャンミン動きました~
一時はどうなる事かと焦りました
そうなんです若い女の子は出て来ませんwww
おばあちゃんばっかで
おばあちゃん達も二人が
可愛くてたまらなくて
何とかしてやりたいんです
術後 順調です~
目の充血も取れてきて
薬も弱い物になりました♪
お気遣い ありがとうございますm(__)m
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます♪


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/25(火) 23:48:07|
  2. 日々のたわ言
  3. | コメント:0

live * 24





ユノside










『初めまして』

『シム・チャンミンです』








------------------------









若年者の流出や転居等により
村は年々人口の減少が止まらず

そして村の約5割強が
高齢者となり
近い将来 村として
社会生活の維持が
困難になると予測された

そこで村では
外からの移住者を募り
問題を打開しようと決めた

村の予算を
何とかやりくりし
広告を出した

出してはみたものの
こんな田舎に
人が来てくれるのか
不安でたまらなかった




広告を出して
1ヶ月たっても
移住に関しての問い合わせが
1件も無く誰もが
広告やこの計画は
失敗だと思った

そんな時に
1通のメールが来たんだ

『そちらの広告を見たんですが…』

『移住について少し
お聞きしたい事があるのですが…』

俺はこの件の担当者という事もあって
それはそれは丁重に応対し

電話やメールでは
何度かやり取りし
1度 村に見学に
来てもらう事になった

どんな人が来るのか
年齢は俺の2つ下
男性が1人
移住を希望だという

俺は彼が見学に来る
当日まで不安と緊張で
中々眠れなかった




そして…

『初めまして
シム・チャンミンです』

そう名前を告げられ
差し出された手を取って
俺も彼に挨拶を返すと
彼は俺に向けて

『宜しくお願いします』と

柔和な笑顔を見せてくれた









きっと…じゃなくて

俺はこの時から
彼…シム・チャンミンに
恋をしていた

















毎日 爆睡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします



コメントお返事は別に上げますね(*^.^*)




テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/25(火) 23:28:07|
  2. live
  3. | コメント:1

live * 23





「……んで」

「 ゆんべはどうやった」

「うちらがおったら
何も出来んもんなぁ~」

「ユノちゃん酔わせて
正解じゃったろ」

正解って…

確かおばあちゃん達
ユノさんに野イチゴ酒
飲ませ過ぎたって
謝ってたよね…

僕は正直に
昨夜の出来事を
おばあちゃん達に話した

おばあちゃん達を送った後
ユノさんにベッドを使ってもらい
僕は床で寝た事

途中ユノさんに起こされ
僕がベッドを使った事
ユノさんもベッドに上げて
二人で寝た事

ただおばあちゃん達に
話さなかった事もあった

ユノさんを腕に抱いて寝た事

目が覚めて
昨夜の残り物で
二人で朝食を取り

ユノさんを見送る時に
又家に来てくださいと言った事

出来れば
おばあちゃん達抜きで
家に来ないかと
ユノさんを誘った

役場での仕事だけじゃなく
プライベートでも
ユノさんともっと居たい
そう思ったから

僕の告白に
戸惑いながらも
ユノさんはいいよと
言ってくれた

村に来た時には
あんなに僕にグイグイ来てた
ユノさんが
逆に僕の方から行くと
尻込みするなんて

何だか昨夜から
ユノさんへの
可愛いが止まらない

僕はユノさんに
僕と付き合ってくださいと
お願いした














チャンミン行け行けGoGo(* ̄∇ ̄)ノ
お休みばっかしてゴメンなさい

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします



ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´ω`*)
こんな二人でも良いと言ってもらえて
嬉しいです(でもチャンミンさん
グイグイきはじめてますが…)
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます~♪

は○○ん様
コメントありがとうございます(*´ω`*)
落ち着いてこられたようで良かったです
まだ不安な事と思います
気をつけてくださいね
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます~♪

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/23(日) 23:32:57|
  2. live
  3. | コメント:2

live * 22






ユノside







何で

どうして

こうなった……




チャンミンと場所を
替わろうとしただけなのに

俺はチャンミンのベッドで
チャンミンに
抱きしめられていた

あわわわわわ!

待って!

待ってチャンミン!!

寝るなら独りで寝て!!

俺は慌てて
チャンミンから体を
離そうともがいてみても

チャンミンは俺を
がっちりと抱いていて

しかもチャンミンの奴
お休みなさいと
俺のおでこに
軽く口を寄せてきて

俺はひゃーってなって
まだ酔ってるのかって位
体が熱くなった

俺はそのまま
(チャンミンに抱かれたまま)
一夜を過ごし

あまりの緊張のあまり
俺は一睡も出来なかった

翌朝 やっとウトウトし始めた頃に
チャンミンの目が覚めて

良く眠れましたか?

って聞かれて
寝れる訳ないじゃんと
言いたかったけど

迷惑をかけたし
眠たかったし

とりあえず
もう少しだけ寝させてと
チャンミンに体を預けた













にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´ω`*)
屋根裏!なるほど!
地域ごとに災害への対応が変わりますよね
勉強になります!!
まさかの添い寝(本当に添い寝)でした
それでもお互いへの意識が変わってきそうで
ようやくです
この後もお付き合いくださいね~

は○○ん様
コメントありがとうございます
は○○んさん 被害が無くて良かったです
怖かったですね 海側だと津波も心配でしたね
余震も続いてると聞きます
地盤も弱くなってる所に この季節
雨も注意ですね
早くおさまる事を祈ってます

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/22(土) 05:07:25|
  2. live
  3. | コメント:1

live * 21







チャンミンside








眠い…

ぐっすり寝ていたのに
誰かに(ユノさんしかいないけど)
肩の辺りをバンバンと叩かれ

床からベッドに
引きずり上げられ
毛布を頭から
ばふばふと掛けられた

一瞬 何が起こったのか
分からなかったけど
ユノさんの声で
ゴメンとか悪いとか
言ってるのが聞こえてきて
理解した

うん まぁ
酔いつぶれて
人様のベッドで寝てて
その貸してくれた人が
床で寝てたら狼狽えもするよね

僕は二重に掛けられた
毛布から這い出し
ユノさんを探すと

ユノさんは
ベッドの片隅で
ちょこんと正座して
僕の様子を伺っていた

ふふっ

ユノさん
何か可愛いですね

僕はそんなユノさんの手を取り
僕の方へとユノさんの体を引き倒した

「!!」

「チャンミン!?」

そしてユノさんが慌てて
体を起こそうとするのを
押さえ込み

更に僕の腕の中に
ユノさんの体を引き寄せ
毛布を引き上げた

『まだ朝まで時間が有ります』

『もう少し寝ませんか…』

「ふぇ?」

僕はユノさんを抱いたまま
再び瞼を閉じた












昨夜はまた爆睡してました…寄って下さった皆様ゴメンなさい

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´ω`*)
私の方は(実家も) 被害無く大丈夫です~
災害への備えを全くしていないので
いざとなると反省させられる次第です
乾パン一缶だけ←オイ( ・ε・)
ゆ○○○ま様も 気をつけてくださいね~



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/20(木) 22:46:43|
  2. live
  3. | コメント:1

コメントお礼


ゆ○○○ま様

コメントありがとうございます(*´ω`*)
まだ ぐずぐずしてますが
妄想出来る元気はありますよ(笑)
ほろ酔い位じゃないとダメですよね~
そんなユノさん前にしたら
チャンミン 覚醒しますよ←ドコwwソコww
ゆ○○○ま様も風邪には気をつけてくださいね~


は○○ん様

コメントありがとうございます(*´ω`*)
そうなんです 年とともに治りが遅くて
困りものですが
腐女子←何か? には関係ございませんww
腐り同盟! ハイ隊長 ww
風邪にも負けず 頑張りましょうね~


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/18(火) 23:37:37|
  2. 日々のたわ言
  3. | コメント:0

live * 20





ユノside








『ユノさん』

『大丈夫?』

チャンミンの問いかけに
俺 大丈夫……って
答えたと思うんだけどな

でもその辺りから
記憶が曖昧で

ちょっと寒いなって思って
毛布を引っ張ったら
なんだか俺がいつも使ってる
毛布と違う気がして
(肌触りがいいし、いい匂い)

ぼんやりと目を開けると
俺は知らない部屋で
ベッドに横になっていて

そのベッドの傍ら
床の上でチャンミンが
毛布にくるまって寝ていた

えっ!?

ちょっ…

チャンミンが
何で寝てんの?

えっ?

えっ!?

次の瞬間
俺はバチっと目が覚めて

まだ寝ていた
チャンミンの肩を
揺すって起こした

「チャンミン!」

「チャンミン!!」

「ゴメっ…」

「こっちで寝て!!」

『…………』

俺はもの凄い勢いで
チャンミンをベッドに上げると
自分が被っていた毛布を
チャンミンに被せた




























地震が発生しました
実家の方では揺れたと言ってました
揺れの大きかった地域の皆さん
余震など不安な事と思います
この後も引き続き
気をつけてくださいね

心配して連絡を入れて下さった皆様
ありがとうございました



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします



コメントは別にあげますね

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/06/18(火) 23:18:45|
  2. live
  3. | コメント:0
次のページ