FC2ブログ

ミエナイチカラ

trouble ・ 13




『……今日は
いつもより熱くて…』

『とろとろじゃないですか』

「………」

『自分で解かした?』

『まさか僕以外に
突っ込ませたの?』

「…………」




どこをどうしたら
そんな考えが出来るんだろう…

コイツの頭ん中って
よくわかんねぇ……

いや…

分かりたくないけど…






ここ数日気温が下がり
職場で体調を崩す人が増え始め
俺は風邪をもらってしまった

風邪といっても
ほんの少し熱っぽいのと
希に咳き込むだけで
そこまで酷くは無かったけれど

少しダルかったので
今日はしたくないと
言いたかったけど





奴は俺を抱くと
直ぐに自分の部屋に
帰って行った

俺は汗や精液で
汚れた体を
シャワーで流し

汚してしまったベッドから
毛布を引っ張ってきて
ソファで横になった

どうせなら
ベッド 綺麗にしてから
帰れよな…

あぁ…

マジで怠い

なんだか
膝とか痛いかも…

俺はそのまま
ソファで寝入り
体調を悪化させてしまった





















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
まずは中型 大型免許を取りましょうwww
その後はこっそりカメラを仕込むとか←アカンwww
ショップの店員もいいですね(。-∀-)
シム男さんの撮った物は絶対スゴいですよね~
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ

wi○○○○i様
コメントありがとうございます(*´-`)
ヘンタイ~いい言葉だ~www
ユノたん やっぱりこうなっちゃいましたwww
もうシム男さん ヤリたい放題!
写真だけでなく 動画も撮りたい放題!!
ユノたんのエロっちい写真
私も欲しいっす!
シム男さん 絶対にくれなさそう←当たり前
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ






スポンサーサイト



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/31(木) 23:33:30|
  2. trouble
  3. | コメント:2

trouble ・ 12






あれから直ぐに
俺は部屋を引き払い
新しい部屋に引っ越した

もちろんアイツも
当然のように隣りに越してきて

そして毎晩のように
俺の部屋にやって来た






『服 脱いで』

『横になって』

「…………」

俺は言われるままに
服を脱ぎ裸になると
自らベッドに横たわった

『自分で準備
出来ますよね……』

「…………」

そして言われるままに
自ら足を開き

自分のモノを
ゆるゆると勃ち上げ
ローションを手に取ると
自ら孔を解した

その間奴は
一切俺に触れず
スマホで俺の
恥ずかしい様子を撮影し

そして俺の腰が揺れ始め
勃起したモノから
精液が溢れだすと
中に挿ってきた

「あぁ……」

「くぅ……」

「い……い」

『ふふふっ…』

悲しいかな

いつしか俺の体は
後ろだけでもイクようになり
自ら奴のモノを求めて
腰を動かすようになっていた

『エロくて敏感な体…』

『僕以外に
こんな事させていないですよね』

『このまま閉じ込めてやりたい』

『外で何かあったら……
許しませんよ』

「…………」



こんな事…

お前以外するわけない


そう言ってやりたかった







































にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




お話違いますが
ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
私もなりたいです!!
バックミラーでこっそり
二人の様子を覗き見www
キャー(≧▽≦)
何だったら 誰も乗れないように
しておきますから
存分にヤッてください!!
また遊びに来てくださいね~
お待ちしてます(・∀・)ノ~



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/29(火) 23:47:01|
  2. trouble
  3. | コメント:1

スタッフの受難 (気付いちゃった編)





俺 ロケバスの運転手してます

今日は何ヵ月ぶりかに
東方神起さんの担当で

前回 ご一緒させてもらってから
随分と時間が経っているから

俺の事なんか
覚えてないだろうと
思っていたのに

『「おはようございます~」』

Y「○○さん でしたね?
今日は よろしくお願いしま~す」

C『今日は遅くならないように
頑張りますね』

そう言って二人は
俺に向かって深々と頭を下げ
バスの1番後ろのシートに
並んで腰かけた

俺の名前……

うおぉぉぉぉ!!

マジか!!

俺ただのバスの
運ちゃんだぞ!?

本当に本当か!?

今までどの現場に行っても
こんな風に声かけてもらうなんて
無かったのに!!

嬉しい!!

マジで嬉しい!!

この人達

チョーいい人!!!


よぉ~し!!

この人達の為なら
どんな雑用でも
どれだけ時間がおして
残業になっても
どれだけでも待つぞー!!






そして

現場に着き
運転手意外に頼まれる
雑用をこなしていると
二人が休憩の為にバスにやって来た

C『スミマセン ちょっと中で
休ませてください』

もちろん!!

俺は何か飲み物でもと
スタッフさん達の所で
ミネラルウォーターのペットボトルを
もらってバスに戻って来ると

シートでよく見えなかったけれど
二人の顔と顔がくっついていたというか
重なっていたというか…

キスしてたというか…

うん……

絶対キスしてた

俺は持っていた
ペットボトルを近くのシートに置いて
その場をそっと後にしたのであった





































にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




お話違いますが
コメントお返事です
wi○○○○i様
コメントありがとうございます(*´-`)
『あなたも気持ち良かったでしょ…』って
きゃー(≧▽≦)シムおくんカッコいい!!
もっとユノたん虐めて~(マジ!?)
どうしてシムおくん お話になると
変態ちっくになるんでしょ(いつもwww)
ユノたんが美人さんだからですよね~
この後もお付き合いくださいね
お待ちしてます(・∀・)



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/28(月) 23:35:19|
  2. スタッフの受難
  3. | コメント:0

コメントお返事です


wi○○○○i様

コメントありがとうございます(*´-`)
出ました ヤバいシム(私も大好物www)
ユノたんの上をいくストーカーぶりで
行動は筒抜け絶対にGPS付けてるし
盗聴もしてそう←そうじゃなくて
絶対してる(笑) 犯罪やで!!
それほど ご執心なシムさんから
ユノたんは逃れられるのか!!
(このままでもOK?)
よろしければこの後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~

ゆ○○○ま様

コメントありがとうございます(*´-`)
出来る男 シム・チャンミン!!
ぬかりは有りません!!
写真たっぷり撮りますよ~
(私にも1枚ちょうだい)
よろしければこの後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~

イ○○エ様

コメントありがとうございます(*´-`)
油断してました?(。-∀-)ニヤリ
予想異常←以上 にヤバくなって
行きつく所までいってもらおうかと
えーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)←書いておいて
こんな感じなんですが(本当に!?)
よろしければこの後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~

は○○ん様

コメントありがとうございます(*´-`)
スンマセン スンマセン
愛しのシム様を犯罪者に←あっ
ここいらで 一区切りかな
次のステップへ進みたいと
思いつつ ユノたんを縛りたい←おい
もし大丈夫でしたら
この後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします





テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/28(月) 17:05:39|
  2. 日々のたわ言
  3. | コメント:0

trouble ・ 11




『ふふ…』

『いい…』

『凄く感じてる』

「いや…だ ……やめろ」

『そう言われても』

『ふふふっ…』







荷造りの為に使っていた
ビニールテープで
両手を縛られ
着ていた服は
同じく荷造りで使っていた
ハサミで切り裂かれた

俺は足が胸に付くほど
押さえつけられ
奴に尻の孔を晒し

奴はそのゴツゴツした指で
俺の中を執拗に擦ってきた

「うっ…あ」

信じられなかった

俺はその刺激に
アソコを勃ち上げ
タラタラと精液を溢していた

何で?

どうして?

俺の体どうなってんだ!

そんな俺の不安を見透すように
奴はより一層中を…
特に一点を集中的に擦り出した

「ああぁぁ…」

「嫌だ 止めろ!」

ビリビリビリと
体に電流が走り
俺は更に精液を溢した

『大丈夫』

『気持ちいいでしょ?』

『男でもここでイケるんですよ…』

そう言うと奴は
俺の中の指を引き抜き
指とは比較にならない
そそりたったモノを
俺の孔に押し付けてきた

『そろそろいいですかね』

『挿れますよ』

「嫌だ!!」

「止めろー!!」

ズブズブズブと
孔を限界まで押し広げられ
奴の太い大きなモノが
俺の中を出入りする
それは今まで入れられていた
指とは比べ物にならないほどで

苦しくて

苦しくて

俺は知らず知らず
涙を流していた

カシャッ

カシャッ

「!!」

そこに響いてきた
シャッター音

あろうことか
奴は片手にスマホを持ち
そんな俺の写真を撮っていた

『こんなにキレイな貴方を
残しておかない手はないですよね』

『いい顔だ』

「……………」










コイツからは

逃げられない…

そう気付かされた瞬間だった









































にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




おほほほ(  ̄▽ ̄)
ユノたん シムストーカーの恐ろしさに
抵抗出来なかったということで
コメントお返事は別に上げますね
お待ちくださいませ





テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/27(日) 22:54:13|
  2. trouble
  3. | コメント:2

trouble ・ 10




『どこに行くんですか…』


『逃しませんよ…』









奴は部屋に体を
滑り込ませてくると
後退る俺の手を取り
自分の方へと引き寄せた

俺はその勢いで
肩に掛けていたバックや
少しだけ持っていこうと
紙袋に入れていた皿等を
ことごとく落としてしまった

ドン!

ガシャガシャ!

部屋に響く
鈍い音

その音に奴は
その口元を歪めて

『皿…コップかな』

『割れたようですね…』

『まぁ…いいです』

『僕の所に…
使ってないの有りますから…』

そう言うと奴は
鼻と鼻が付きそうになるほど
その顔を寄せてきて

『新しい部屋…』

『ここから電車で30分くらいですか』

『いいんじゃないですか…』

『ここより広いし』

「!!」

どうして!?

コイツ何で知ってんだ!?

部屋 契約したばっかりだぞ!!

驚く俺に奴は
とどめとばかりに
耳元で囁いた

『あそこの隣…

空いてましたね』

「!!!」

『明日…僕も契約してこようかな』

そう言うと
俺の顎を掴み
突き出した形になった
俺の口にその唇を重ねてきた

「うっ…ぐっ」

顎をしっかりと
押さえられ
拒絶する事もままならず

あろうことか
奴は俺の口の中にまで
舌を入れてきた

「ふ…っ」

「ううっ…」

『あぁ怯えた顔もいいですね』

『写真撮らないと』









そして


俺は奴に犯された























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




大丈夫かな (;´д`)



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/25(金) 22:43:35|
  2. trouble
  3. | コメント:3

日々のたわ言 & コメントお返事


今日は健康診断に行って来ました
血圧やや高め←そろそろ食事内容も
考えんとあかんのか
野菜苦手お菓子大好き…子供か
そしてバリウム飲んで
ひたすら水分取って、
ペットボトル軽く1本飲んだ後に
下剤服用していない事に気付くという
アホすぎるやろ( ̄▽ ̄;)


ゆ○○○ま様

コメントありがとうございます(*´-`)
そこまで来ました シムでーす
応援ありがとうございます~
がんばりま~す←待て待て( ∵)
ここまでは ほんわかなお話
でもそれだけでは………
この後もお付き合いくださいね~
お待ちしてます

wi○○○○i様

コメントありがとうございます(*´-`)
激しく同意します!!
礼儀正しくて真面目で超絶イケメンで
スタイル抜群で
マジで神様ありがとうm(__)m
でもベースボールシャツの「神」には
聞いてないですよねwww
う~ん いつもながらのダサさに
ホッとしました( ̄▽ ̄;)
それでもグッズ買っちゃうんだろうな
レシートとポイント欲しいですもん
この後もお付き合いくださいね~
お待ちしてます


イ○○エ様

コメントありがとうございます(*´-`)
ヤバいシムさん
部屋に入っちゃいましたからね
ヤリたい放題じゃないですかね←エヘ( °∇^ )
スタッフ受難のはずですwww
何を見ちゃうのか
気付いちゃうのか
私だったら そっとしておきます(腐)
この後もお付き合いくださいね~
お待ちしてます



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/25(金) 17:35:44|
  2. 日々のたわ言
  3. | コメント:0

スタッフの受難 (予告)







こんにちは俺
ロケバスの運転手を
やってます

今日は先輩が体調不良で
休みの為に
急遽俺が代わりに
入る事になった仕事で

バスを利用するのは
東方神起さん

先輩は何度か
東方神起さんを
担当しているんだけど

今日 行けない事に
めっちゃ凹んでて

何でだろうって
思ってたんだけど
行ってみて
よぉ~く分かった

これまで
色んな現場へ
色んな芸能人を
乗せてきたけど

この二人ほど
礼儀正しくて
親切な人っていない

バスに乗降の際には
運転席の俺に向かって
“よろしくお願いします”って
深々と頭を下げて

ロケ中
雑用をしている俺に
“大変ですね手伝います”って
声をかけてくれたり
(断ったのに 空いてるからと
手伝ってくれるし)

“差し入れです”って
俺の所にも配ってくれたり

予定時間が押して
待ってる俺に
“待たせてしまって
スミマセンでした”って
謝ってくれたり

最後には
“ありがとうございました”
“また今度”って
手を振ってくれたり

いやぁ~東方神起

マジでいい!!

こんな人達いるんだな!

マジで惚れた!

次がもしあったら
俺を回してもらえるように
予定組んでもらう!!

あっとその前に

戻る前に
どこか店でも寄って
東方神起のCD
買って帰ろう♪






























暗いの書いてると
ほんわかしたの書きたくなってきたwww
これ続きもありますがいかがでしょう?




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします





テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/24(木) 21:42:07|
  2. スタッフの受難
  3. | コメント:2

trouble ・ 9






何なんだ?

どうして俺なんだ?







俺は速攻
スマホを変え
電話番号も新しい物にした

アパートも
駅から近い所で
コンビニも近くて
バストイレは別の
物件がいいとか
言ってなんかいられない

安くても高くても
狭くても広くても
もうどっちでもいい

早いところ
あの部屋を引き払って
アイツから離れなければ!

俺は仕事帰りに
不動産会社に飛び込み
直ぐに入れる所を希望し
勧められるまま
新しい部屋を決めた

俺を居候させてくれていた同僚には
新しい部屋が決まった事を伝え
残っていた荷物を取りに
アパートに戻った

部屋はほんの数日
空けていただけなのに
空気がこもっていて

俺は掃除も兼ねて
窓を開けた

自分でいうのもなんだけど
やや散らかり気味の
この部屋

まだここの契約は
残っているから
少しずつ荷物を運ぶ事を決め

ボストンバックに
入るだけ衣類を詰め込み
よく使う食器類を新聞に包み
そこら辺に置いてあった
段ボールに詰めていった



しばらく梱包作業をし
持てる分の荷物を持って
出ると

信じられない事に
玄関のドアの直ぐそこに
アイツが立っていた

「!!」

俺は直ぐ様
ドアを閉めようとするも
奴は素早く足を差し込んできて
その体を部屋の中へと入れてきた


そして…


『どこに行くんですか…』


『逃がしませんよ…』


そう言って睨んできた
奴の顔が
凄絶に恐ろしく美しく

俺は大した抵抗もせず
部屋に奴を入れてしまった










































にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
ファイティン シムwww
やっぱり応援するのはそこですよね
(。-∀-)ニヤ
さぁ 本番よシム 頑張れシム♪
よろしければこの後もお付き合いくださいね
お待ちしてます

は○○ん様
コメントありがとうございます(*´-`)
ヤバい奴で ごめんなさい
これからヤバいシムに頑張ってもらいますよ
(何かはあえて言いませんがwww)
よろしければこの後もお付き合いくださいね
お待ちしてます

wi○○○○i
コメントありがとうございます(*´-`)
当たりです~
シムさん 見事なストー○ーでしたwww
ユノさんの逃亡に怒ってますよ
とうとう捕まっちゃたので
この後はお仕置きですね (。-∀-)ウフフフ
よろしければこの後もお付き合いくださいね
お待ちしてます




テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/23(水) 23:30:43|
  2. trouble
  3. | コメント:0

trouble ・ 8







俺は次の部屋を決めるまで
同僚の部屋の一角を
使わせてもらう事になった

他人の家なので
気を使う事もあるけれど
悩まされていた音も無く
ゆっくりと寝る事が出来た

同僚は物件を探している間も
気にすることないからと
言ってくれたので
本当に助かった

同僚の部屋に
転がりこんで
数日たったある夜

そろそろ寝ようかと
ソファに横になり
毛布を被った時だった

枕代わりに使わせてもらっている
クッションの横に置いた
スマホがチカチカと光った

隣の部屋にいる
同僚に配慮して
俺のスマホは
音が出ないようにしてあった

こんな時間に電話?

誰だろう?

そう思って
スマホに手を伸ばすと
電話は切れてしまった

誰からだったのかと
スマホの画面を確認すると
そこに表示された番号は
スマホに登録された
家族や友人の物ではない
全く知らない番号だった

誰だ?

心当たりが全く無い

かけ直そうかと
考えたけれど
もう日付が変わるような
時間だったし

それに直ぐに
切れてしまったし
間違い電話だったのかもと

この時は
特に気にせず
寝てしまったが

この日から毎日
同じ時間に同じ番号から
電話がくるようになった

電話がかかっている時間は
ほんの数秒
スマホの音を出しているなら
コール2回ほどか…

アイツだ……

俺は電話の相手が
あの男だと気付いた

































寒くなってきて
家にいると毛布にくるまってる私
頭痛の名残と背中に疲れがたまって
寝ちゃってます
寄ってくださった皆さんごめんなさい



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
ユノの逃亡作戦が 次のステップへの
足がかりになりました
やっちまったなユノたん!
頑張れ チャンミン!←応援するのそっち(笑)
この後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~

は○○ん様
コメントありがとうございます(*´-`)
アダルトいいですねwww
本当に地方民には厳しいシステム!
アルバム買うのも厳しく
マイル貯めるのもコツコツと…
(スーパープレミアムだって
出来れば当たりたかったわよ!!←八つ当たり)
それでもアダルトいいな←しつこい(。-∀-)
二人に会えるのを妄想して楽しみましょうね
この後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/10/22(火) 20:05:50|
  2. trouble
  3. | コメント:2
次のページ