FC2ブログ

ミエナイチカラ

trouble ・ 27






彼に中に
僕の存在を
植え付ける

その為なら
僕は非常識な事まで
やってのけた

彼が寝静まる頃を見計らい
天井に近い壁をコツコツと叩いた

嫌がらせをしているつもりはなく
単純に休む前の意思表示だった

それをしばらく続けたある日

その日はたまたま
残業になってしまい
彼の帰宅に間に合わなかった

僕はマンションの前まで来ると
先に帰っているであろう彼の部屋を見た

彼の部屋には灯りは無く
彼がまだ帰って来ていない事がわかった

彼も残業になっているのか
どこかに寄っているのか
また誰かと飲みに行っているのか

気にはなったけど
しばらくすれば
帰ってくるだろうと

外で物音がする度に
窓に掛けたカーテンの隙間から
外の様子を伺った

遅い…

時計は間もなく
日付を代えようとしていた

遅すぎる!!


こんなに遅くなるなんて…


僕は その日
眠れない夜を過ごした



















炬燵っていいね←寝てる)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします





ゆ のっくま様
コメントありがとうございます(*´-`)
漏れてますよね~
知らないのは本人達だけ
ラブラブで周りの皆も
改めて当たり前な事に
気にも止めないという
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ






スポンサーサイト



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/28(木) 23:47:15|
  2. trouble
  3. | コメント:1

好き









ユノside





『いい色ですね』


『貴方に 似合ってます』


仕事柄 頻繁に髪型を変えたり
髪色を変えるってのに


お前は必ず
そう言って誉めてくれる


撮影が終わったら直ぐに
黒く戻さなきゃならないと言うと


『もったいない…』


『でも黒髪の貴方が一番いいです』


「/////」


嬉しいけど


照れる


そんな事があったせいか
撮影の時にチャンミンの事を
意識しちゃって


カメラマンやスタッフ達に
どうしたの?何かいい事でもあった?
分かったいい人出来たんでしょ?
教えてよ…等と
色々と茶化されてしまった


そう言われて慌てる俺を
お前は助け船を出すわけでもなく
スタッフ達と一緒に茶化すわけでもなく
何も言わずに平然と見ているから


もっと恥ずかしくなってきて
毅然と振る舞ってみても
上手くいかなくて


終いにはいつものユノさんで
いいんですよ なんて言われて


どれだけ恥ずかしかった事か


結局 撮影は何度か取り直しを
する事になってしまって
俺はひたすら謝る事になって


撮り終わってから皆に謝り
控室に戻って来ると
先に終わっていたお前が


『調子良くなかったですね』


なんて言ってきて


誰のせいだ!!


そう言い返してやりたかったけど
俺はグッと堪えた


だって口に出したら
バレそうで


お前の事が好きなんだって























チャンミンside





いつも貴方を見ていたから


貴方が僕を
意識しだしたのは
直ぐに気付いた


僕の視線や言葉を
変に意識して


今日みたいに
いつも以上に力が入りすぎて
空回りして


そんな可愛い貴方を
直ぐにでも腕の中に
抱きしめたかったけど


1度でも抱いたら
歯止めがきかずに
最後までいってしまう


そんな気がして…


貴方よりも僕の方が
好き…が強いのは
当面 隠しておこうと決めた













troubleは 書くのに苦しい所に来つつあるので
(レ○プ シム)
逃げました( ̄▽ ̄;)←オイ
ポチっと応援よろしくお願いいたします





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします






お話違いますが
ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
シムさんの頭にカメラ付きメット
いただきますwww
どうしようそれ楽しそうwww
(また おバカな事 考えてますよ)
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ~



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/26(火) 23:37:53|
  2. SS
  3. | コメント:0

trouble ・ 26




自分でも
危うい事をしている
自覚はある

それよりも
彼への想いが勝った








彼が部屋に居るのを承知で
部屋のチャイムを鳴らし
続けてドアを叩いた

“ドンドンドンドン”

そして直ぐ様
その場をあとにした

彼はきっと
僕を追いかけてくる

自信はあった

それでも もしかしたら
追いかけて来なかったら…と

階段の手前で
歩くスピードを落とした所に
彼が声をかけてきた

「ちょ…待てよ!!」

追いかけて来た彼に
見えないように
ほくそ笑み

彼の声に応える為に
振り向いた

彼は一瞬怯みつつも
僕の胸ぐらを掴んで
どういうつもりだと
詰め寄ってくる

怒った顔も
本当に可愛い…

しかもこんな距離で
彼に触れられているなんて
今までに無い事で
僕は興奮していた

あぁ……このまま

この体を腕に
抱いたらどうだろう…

抱いたら
彼は泣くかな?

等と考えているうちに
彼は踵を返して
部屋に逃げていってしまった

まぁ…焦る事は無い



僕は今日の彼の怒った顔を
撮り損ねたと反省しつつ
次の手を 考えるのであった





































シムさんがMになってるような…

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




は○○ん様
コメントありがとうございます(*´-`)
ユノ大好きな 可愛い人なんですが
そろそろ変態シムさんが
出てきますよ~大丈夫ですか?
よろしければこの後も
お付き合いくださいね~( ・∇・)





テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/25(月) 23:38:02|
  2. trouble
  3. | コメント:0

trouble ・ 25




チャンミンside







たまたま彼の姿を
見かけた時には
ラッキーだと思っていた

彼を見る為に
立ち寄るスーパーや
コンビニに先回りした

彼に気付かれないよう
距離を取り
彼が買った物と
同じ物を手に取った事も
多々あった

それだけで嬉しくて
しかたなかったのに

ある日 彼が職場の同僚と思われる男に
肩を抱かれて繁華街に向かって
歩いているのを見て
これじゃダメだと思った



僕の存在を
彼に知ってもらわなければ…




上からの音で
彼の行動は把握していた

何時に起きて
それから40分後位に
部屋を出て
何分の電車に乗って
職場に何時に着いて

終業は何時何分で
帰りにマンション近くの
スーパーかコンビニに寄って
夕飯を買って帰ってくる

僕は彼が帰ってくる前に
彼の部屋の前に立ち
彼を待った

そして

彼が姿を見せたと同時に
彼に向かって歩みより
声をかけた

『最近は 』

『少し静かですね…』

「………」

僕と彼との唯一の接点は
騒音の話しかなかったから
そう声をかけたのだが

僕を見て
体を硬直させている彼を見て

これだ!と思った



そこから僕の行動は
エスカレートしていった






















ユノさんは同僚と飲みに行っただけです




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします










また悲しい出来事が
彼女のご冥福をお祈り申し上げます



テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/24(日) 23:02:41|
  2. trouble
  3. | コメント:1

日々のたわ言 11/24 & コメントお返事



頑張るって言った割りに
明日 仕事行きたくないよぉ~
嫌だよぉ~もっとゆっくりしたいよぉ~

XVのグッズ通販 売り切れだった物が
再販されてると知りポチっと…
(ボールペン欲しかった)
ヤバいヤバいヤバい!
来月の引き落とし
ものスゴい金額になってる!!
アルバム+グッズ+グッズ…
ポイント欲しかったもん
洒落にならん額!やっぱり頑張らないと(;´д`)


コメント返事です

ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
ドキドキしていただけて
良かった~この先は歪んでいきますが
チャンミンの葛藤みたいなのも
書けたらいいなと思います
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます~

イ○○エ様
コメントありがとうございます(*´-`)
ご一緒だったんですね♪
本当に言葉に表せないほど
いいライブでしたね~
チャンミン ユノしか見えなくなって
ますます ヤバい奴になりますが
大丈夫ですか? 大丈夫だよね(oゝД・)b←オイオイ
この後もお付き合いくださいね
お待ちしてます~

は○○ん様
コメントありがとうございます(*´-`)
泣いて 笑って ヨダレ出て
本当に楽しかったです
札幌楽しんで来てくださいね~
二人の事頼みます←もう目線がお母さん
また遊びに来てくださいね
お待ちしてます~






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします






テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/24(日) 18:50:28|
  2. 日々のたわ言
  3. | コメント:0

trouble ・ 24





チャンミンside










彼を見てから

彼の事が気になって

彼の事を知りたくて

彼の事を色々と調べた


まずは名前
用もないのに
上の階に足を運び
彼の部屋の表札をチェックした

自分の部屋も表札は
出していないように
彼も表札は出してなくて
名前は分からなかった

それならばと
マンションの管理人に
上の音がまだ響いている
管理人の手を煩わせないように
自分で話をしてみるからと
上手い事言い含めて

彼の名前と年齢
携帯の電話番号と
勤め先を聞き出した

“チョン・ユンホ”

『ユンホ…か』



僕は直ぐ様
自分のスマホに
彼の情報を登録し
必要もないのに
彼のページを
何度も表示させた

そうしているうちに
彼の画像が欲しくなって
Instagram等のSNSに
彼の名前で検索してみた

似たような名前で
画像が上がってくるも
彼に直接繋がるような物は
全く無くて

彼はきっとSNSは
やっていないのだろう

それならばと
彼の勤め先を検索し
会社のHP中に
彼を見つけた

僕は嬉しさのあまりに
小さな画像にも関わらず保存し
それだけでは物足りなくなって

彼を盗撮し待ち受けにしたり
プリントして部屋に飾った



自分でもどうかしてるとは思った

でも彼への想いは止められなかった








そして彼への
好きだという想いは
次第に歪みだし

彼に自分の存在を
知って欲しくなった


























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします





テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/23(土) 23:21:08|
  2. trouble
  3. | コメント:1

日々のたわ言 11/23


皆様 (・∀・)ノこんにちは
kazukiでふ
XV婚 参戦して参りました
ライブ始まって3曲目位には
もう泣きそうになって
withの映像見た瞬間 アカン!!ってなって
最後の二人の言葉には泣いてたです
これだけのステージをファンに見せる為に
二人は勿論 関係者の方々は
物凄い努力してるんだと実感しました
本当に素晴らしいステージでした
(私 腐ったペンなので ユノの胸元事件には
Σ(O_O;)ヤバいヤバいヤバい そんなファンサ
いいのかー!!後でシムに怒られるぞって
なりましたけどwww)

次の日の帰りは朝早い新幹線で
平日の通勤ラッシュに慣れていない田舎者は
ホテルからタクシーに乗って東京駅へ
降車時にタクシーの運転手さんに
これからどちらに向かわれるのか聞かれて答えると
訛りが僕の友人と同じでそちらの人かなぁ~って
本人 標準語喋ってるつもりなんですけど(・・;)
そうか訛ってんのか………
書いてる お話も訛ってんのかも……
(訛ってたらニュアンスで読んでね)
今日は お話 更新します


コメントお返事です

ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
お気遣いありがとうございます~
お陰様で 二人にパワーを貰って来ました
また頑張っていきますね!!
シムさん 完全な一目惚れで
ズボッと穴に落ちて 這い上がらずに
穴に蓋をした感じかなと
この後のシムにもお付き合いくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ

時○○士様
コメントありがとうございます(*´-`)
チャンミンさん ユノさんしか見えてなくて
一途で盲目になって
縛りたい←えっ(°Д°)
キャー( ☆∀☆)みたいな←それ伝わらないよ
取り乱しましたスミマセン
よろしければこの後もお付き合いくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/23(土) 11:41:55|
  2. 日々のたわ言
  3. | コメント:1

日々のたわ言 11/20 コメントお礼


皆さんこんにちは
21日はいよいよ東京へ……
テンションMAX!!…のはずが
仕事でミスをやらかしてしまい
凹んでます←お客様や担当の営業さんに
迷惑をかけてしまって(つд;*)
よく指示書 読もうね ………
一晩寝て忘れようか…
忘れられんがな!! 賞与前に!!←ソコ重要
トン活に響くがな!!




コメント返事です

wi○○○○i様
コメントありがとうございます(*´-`)
変態チャンミン どこにいったんでしょうwww
強気なチャンミンも好きなのですが
ユノに対してウブ(笑)なチャンミンも
大好物です(。-∀-)
変態エッチもいいけど←(笑)
やっぱりラブラブなエッチも見たいですよね
チャンミン編が終わってから書こうかなと
思ってます
これからもお付き合いくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ

ゆ○○○ま様
コメントありがとうございます(*´-`)
さんざんヤられてて
ユノさん 名前知りませんでした(笑)
でももう新婚みたいなものなので←早い?
エッチの時にはチャンミンって
沢山言ってもらいましょうね
これからもお付き合いくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ

は○○ん様
コメントありがとうございます(*´-`)
チャンミン 必死だったんですwww
ラブラブになった二人 応援して下さいね
あっ!でもチャンミン編 書いてもうた( ̄▽ ̄;)
多分 ソフトにいくので←何を?
これからもお付き合いくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ

イ○○エ様
コメントありがとうございます(*´-`)
ユノさん見た瞬間 ビビビッときたんでしょうね
フォーリンラブからヤバい奴になってましたwww
チャンミン もう必死で
ユノに関わるものは全てものにしたくて
ユノさんの言う事は
なんでも聞きそうです!
これからもお付き合いくださいね
お待ちしてます(・∀・)ノ






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします




テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/20(水) 23:07:44|
  2. 日々のたわ言
  3. | コメント:0

trouble ・ 23





チャンミンsideです











そこまで響くというわけでは
ないのだけれど
1度気になってしまったら
ほんの少しの音も
気になってしまって……






毎朝毎晩
決まった時間に
ガタッ ゴトッと
上の階の音が響いてくる

少しは下の階に対して
気配りというものが
出来ないのかと
管理人を通じて注意を入れた

注意したのが
利いていたのか
しばらくの間静かだったのが
ほんの数日でいつも通りに
ガタガタと響いてくる

このマンションに
誰が住んでるかなんて
全く興味ないが

上に住んでる奴が
どんな奴なのか気になって

朝 出て行く時間は
音で分かっていたから
マンションの入り口で
張っていた

絶対 がさつな男なんだろうと
思っていたら
降りてきたソイツは
僕の想像とは
随分とかけ離れた
超がつくほどの
いい男だった







僕はその一目で
彼に恋してしまった


















ふぉーりんらぶwww

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします






コメントお返事は
別に上げますね お待ちください

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/20(水) 21:23:24|
  2. trouble
  3. | コメント:2

trouble ・ 22




シム・チャンミンと
出掛けてみて

コイツは本当に
俺の事が好きなんだと
分かった

待ち合わせしたはずなのに
俺の仕事場まで迎えに来てるし
皿を買った店では
同じ物を店頭にある物は勿論
在庫していた物も
全て買い占めてしまった

そんなに要らないだろ?と聞くと
シム・チャンミンは
これと同じ物を他の人に
使われたくないとか言ってきた

それにしても
こんなに沢山どうするんだ
全部で15枚もあるぞ?

そんな俺の心配を
見透かしたように
シム・チャンミンは
2つは普段使いし
もう2つを俺に
そして1つはイーゼルに立て掛けて
飾っておくといい
残りの10枚は保管しておくと言った

まぁ…お前がそれでいいなら
別にいいけど

他にも俺がちょっとでも
いいと言った物は
それも買うと言い出して
俺にプレゼントしてくれて

これも勿論お揃いにと
同じ物を2つ買っていた

お金使い過ぎだろ?と言うと
大丈夫 貴方に使う為に
働いていますからと
臆面もなく言ってきた

言われた俺の方が
照れてしまう

そうじゃなくて!

俺がいるんだから
これからは無駄遣いしないよう
注意しておいた











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

ポチっと応援よろしくお願いいたします





テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2019/11/20(水) 00:05:31|
  2. trouble
  3. | コメント:2
次のページ