FC2ブログ

ミエナイチカラ

アンマッチ・34

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








あれから俺は
チャンミンに何度か声をかけたが
チャンミンはホニャホニャ言うだけで
全く起きる気配がなくて


今日はもう無理だなと
チャンミンの寝室から
毛布と掛け布団を引っ張ってくると
ソファで寝るチャンミンに布団をかけ
俺は毛布にくるまって床で寝た









あくる朝 俺は
チャンミンの絶叫で目が覚めた


チャンミンは
酔いつぶれて寝てしまった事に
何で起こさないんだとか
俺だけでもベッドで寝てれば
良かったのにとか


散々 ごねられて
最後には 俺がシャワーに時間を
かけすぎだと言ってきた


シャワーなんて
10分もあればいいのに
アンタは30分はかかってた


いつあがる
いつあがるんだと
ドキドキして待ってたら
喉が乾いてきて
そしたらビールを煽っちゃって
気付いたら 朝だったって


そんなの俺のせいじゃねぇし


めんどくさ


それでも それだけ
俺としたかったのかと思うと
ちょっと可愛くも思えて


俺は チャンミンに
カーテンを閉めて
部屋を暗くして


今からしようかと
誘ってみた


それを聞いたチャンミンは
何度もその大きな眼を
パチパチとさせて
これまた何度もいいのかと
聞いてくるので


俺はお前がしないなら
別にいいけどと言ってやった


そうしたら今度は
今からシャワーしてきます
待っててと言う


マジでめんどくさい奴ww


俺はシャワーに向かおうとする
チャンミンを引き止めて
待てないから 今すぐしようと


チャンミンの唇を
自分のそれで塞ぎ
チャンミンの中心に
俺の中心を擦り付けてやった







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ミンホだから(笑)
スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/04/12(木) 00:48:35|
  2. アンマッチ
  3. | コメント:0
<<アンマッチ・35 | ホーム | アンマッチ・33>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する