ミエナイチカラ

アンマッチ・43

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








ユノsideです










チャンミンのアレは
あまりに大きくて
あまりに固くて
あまりに熱くて


この行為がどんなものか
覚悟していたけれど苦しくて
俺は知らぬうちに涙を溢していた


するとチャンミンは
俺を揺する速度を緩めて
涙の跡を指で拭うと


一目惚れだった…


好きな人とこうしていられるなんて
自分はなんて幸せなんだと
優しく唇を重ねてきた


そう言われると
苦しいと思っていたこの行為が
急に軽やかに感じられて


俺はいつしか甘い声を洩らし
俺もチャンミンが好きだと
何度も言っていた








※※※※※※※※※※





「…………」


『…スミマセン』


「……………」


『本当にゴメン』


お互い何度イッただろう
分からないぐらい抱き合って
俺は喘ぎすぎで声が出なくなり
体(特に下半身…)が
全く動かす事が出来ずにいた


そんな俺にチャンミンは
ホットタオルを持ってきて
汚れた俺の体を拭いたり
ミネラルウォータを持ってきたりと
甲斐甲斐しく俺の世話をやいていた


『大丈夫?』


今頃それを聞くのか?


『ゴメン…』


ゴメンなんて言うな!


そんな事言うなら
次はしてやんねぇぞ!!


俺は何とかそれだけを言って
疲れのあまり眠ってしまった







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ビタミンユンホ先生…可愛すぎ(*´ω`*)
そしてジヘちゃん 赤ちゃん誕生おめでとう


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/05/01(火) 23:20:27|
  2. アンマッチ
  3. | コメント:0
<<アンマッチ・44 | ホーム | アンマッチ・42>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する