ミエナイチカラ

アンマッチ番外編・1

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








『向こうに着いたら直ぐに連絡して』


『食事にアルコールが出ても飲むな』


『夜は絶対に部屋から出るな』


「…………」


『返事は!』


「はいはい」


もううるさいというかなんというか
面倒くさいというかなんというか








シウォンと一緒に
日本への出張が決まった


それを聞いたチャンミンが
はいそうですかと行ってらっしゃいと
言うはずもなく


同行には俺ではなく
誰か他の奴にしろだの
シウォン一人で行けだの
挙げ句のはてには
自分も連れて行けだの言い出してきた


今回の日本行きは
日本のベンチャー企業への視察に
他にも何社かと商談がメインで
二泊三日の日程で


泊まるというのも
チャンミンが気に入らないらしく
二泊三日は長すぎる
朝イチで出国して最終で帰国しろだの


最後はシウォンが何とか説き伏せて
渋々俺の日本行きをOKしたのだが
ホテルの部屋は勿論 飛行機の席も
シウォンと離れた所を取れだのと
本当にうるさくて


どれだけ俺の事を信用していないのかと
内心ムッともしたが
それだけ俺が魅力的で
心配なんだと力説されれば
俺はすっごい愛されてるなぁとも思い
チャンミンの言い付けを素直に
守ろうと決めていたのに











「申し訳ありません
シングルを2部屋で承っておりましたが
こちらの手違いでシングルの空きがございません」


「同じ料金でスイートルームをご用意させていただきますので…」


えっ!マジで!?


スイートに泊まれるの!?


一瞬 安い値段でスイートに泊まれると
浮かれてしまったが
よくよく考えればシウォンと一緒に
一部屋に泊まるって訳で


チャンミンの言い付けを1日目で
破ってしまうと恐々としつつも
バレなきゃいいかと開き直り


俺はシウォンの後に付いて
スイートルームに向かって行った






















何も無いことないよね~(。-∀-)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

昔 ツインで取ってたのに 手違いでスイートに泊まった事があります(ツインの値段で)
田舎者の腐女子二人で興奮した思い出www

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/05/04(金) 05:00:00|
  2. アンマッチ
  3. | コメント:2
<<アンマッチ番外編・2 | ホーム | アンマッチ・44>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/05/04(金) 08:20:54 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/05/05(土) 00:00:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する