ミエナイチカラ

アンマッチ番外編・3

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








出張2日目




朝 俺のスマホにはびっしりと
チャンミンからのメッセージ


今日も仕事頑張れとかならいいんだが


寝起きの顔をシウォンに見せるなとか
風呂上がりに肌を晒すなとか
とにかく気をつけろとか油断するなとか


お前…どれだけ心配してんだ


俺とシウォンが?
そんなの有り得ないし


俺は昨夜の電話と同じ様に
ハイハイとチャンミンにメッセージを返した









そしてその夜


無事 日本企業との商談をまとめ
シウォンと俺はホテルのbarで祝杯をあげた


もともとその企業とはネットで事前に
やり取りをしてはいたが
やはり無事に契約が決まると嬉しくて


俺とシウォンは今回の労を
お互いにねぎらい
次第にテンションも上がり
グラスを次から次へと空けていくと
そうなれば酔うペースも早いわけで


「ユノさん大丈夫?」


「ん~らいじょ~ぶ~」


吐きはしないが
俺はかなり意識が朦朧としていて
ひとりで歩く事が出来なくなっていて
シウォンに肩を借りて部屋に戻って来た


「ユノさん水」


「ん………」


「ありがと」


シウォンは俺を
自分が使っていたベッドに下ろすと
備え付けの冷蔵庫から
ミネラルウォータを持ってきてくれた


俺はそれをゴクゴクと飲み干し
そこがシウォンのベッドだという事も忘れて
そのままベッドにダイブした


「ユノさん ベッド代わろうか」


「ん…」


俺はもう何を言われても眠くて眠くて
ん…としか返せなくて


「服脱がないとシワになりますよ」


「んん…」


「ユノさん 脱がすよ」


「ん…」


別に服を脱がしてもらうだけだし


俺はシウォンが服を脱がしやすいように
酔った体を僅かに動かし
スーツを脱がしてもらい
ネクタイを緩めてもらい
シャツのボタンも外してもらった











トンの情報が追えません
旦那さんに渡した風邪が戻ってきました
(T△T) う~ん微熱 明日から仕事なのに


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

コメントくださったな○○つ様
油断するなって言われたのにねぇ~
その白い 柔らかな お肌を馬様に
晒しちゃうのね~(。-∀-)あはは
チャンミン 怒り狂う?
そういうの好き~( ☆∀☆)

これからも遊びにきてくださいね~♪




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/05/06(日) 21:05:24|
  2. アンマッチ
  3. | コメント:1
<<アンマッチ番外編・4 | ホーム | アンマッチ番外編・2>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/05/07(月) 04:40:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する