FC2ブログ

ミエナイチカラ

アンマッチ番外編・5

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








俺はシウォンに触られてる間
興奮する事もなく


それよりもシウォンと
こうなってしまった事を
チャンミンに隠していても


絶対にバレてしまうだろうなとか


そうなったら どうなるかなとか


きっとチャンミンの事だから
これでもかってほど怒らるだろうなとか


もしかしたらこれがきっかけで
チャンミンと別れてしまうかなとか


そんな事ばかり考えていて
シウォンの手がいつの間にか
止まっていたことに気付かなかった


「ユノさん……」


「ん………」


「目にもりもりと
涙がたまってますよ」


ほらっとシウォンの指が
俺の目尻に触れると
触れた先からポロっと
涙がこぼれ落ちていった


あ…?俺…泣いてる?


何で?


男が人前で泣くなんて
恥ずかしい


何で涙なんか?


まさかシウォンとエッチするくらいで
泣くなんて有り得ない


何で?


「…………チャンミン」


思い当たるのはひとつ


シウォンと関係を持つ事で
チャンミンを裏切ってしまうって事


俺は自分で思ってる以上に
チャンミンの事が好きなんだと自覚した


シウォンはそんな俺に
悪ふざけが過ぎましたと頭を下げて


「いくら酔ったユノさんが壮絶に
色っぽくてそそられても下手したら
有能な社員を二人も失いかねないですからね」


壮絶に色っぽい?俺が?
お前もチャンミンと同じで
頭おかしいだろ


そしてシウォンは
俺とヤッた事がチャンミンにバレたら
ただでは済まないと大袈裟に肩をすくめた


確かに……


そう思うなら
最初から手出すなつうの!


チャンミンも面倒くさいけど
お前も面倒くさい!!


もうこんな悪ふざけすんなと
側にあった枕を投げつけてやると
シウォンはそれを軽く避け
悪ふざけじゃなかったんだけどなと笑い
しない代わりにハグだけと俺に迫ってきた


う~ん ハグね
それならいいか


ハグを了承すると
シウォンは1度俺を抱きしめて
自分はゲストルームのベッドを使うからと
スーツケースから必要な自分の衣類等を出して
行ってしまった


とにかく疲れた


俺はシャワーは明日の朝にすることを決め
そのままシウォンが譲ってくれた
キングサイズのベッドに身体沈めた


明日は帰国


チャンミンにお土産でも買っていくかと
考えながら俺は眠りに落ちていき


シウォンが部屋から出て行った事に
まったく気付かなかった







ミンホなんで(  ̄▽ ̄)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


コメントくださったな○○つ様

イェース(≧▽≦)
シウォン頑張りきれませんでした(笑)
頑張っても良かったんですけど
ペロペロぐらいさせてあげれば良かったかな(ダメだって)
この後も 遊びに寄ってくださいね~



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/05/08(火) 23:20:19|
  2. アンマッチ
  3. | コメント:1
<<アンマッチ番外編・6 | ホーム | アンマッチ番外編・4>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/05/09(水) 04:24:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する