FC2ブログ

ミエナイチカラ

オフィスらぶ・4

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








side C









オープンに出来ない恋って



















定時になると
僕はユノのデスクに向かった


『課長 さっきの約束
忘れてませんよね』


「さっきの?」


『そうさっきの』


「??」


『飯食いに行こうって
言ったじゃないですか』


ユノは思い当たったかのように
僕に合わせて あぁ…そうだったな
なんて答えてくれるが


勿論そんな約束なんてしていない
ユノと一緒に帰る為の口実


僕は周りが気付かないように
小声で早く帰ろうと囁くと


ユノは ちょっとだけ待っててくれと
今日の報告書を出しに行った


食べに行こうと声はかけたが
特にどこかに寄って帰る気は無い


外でも周りを気にするなんて
真っ平だった


ただユノと居たい
早くユノを独占したい


それと部長の娘との話も
しなければと思っていた









しばらくユノの戻りを
今か今かと自分のデスクで待っていると
愛しいその人が戻って来るのが見えたが


何故かその周りには
若い子達が群がっていた


『…………』


嫌な予感しかない


ユノを含めたその集団は
僕の姿を認めると


「シム係長~ずる~い
課長と二人で飲みに行くなんて~」


「あざーす!ゴチになりま~す!」


などとユノから僕の方へと
集りだした


どうせ 報告書を持っていく途中で
彼らに捕まったんだろう
そして何かの拍子に
僕と飲みに行く話をしまったんだろう


下の者に私達も行ってもいいですかと
そう言われたらユノは簡単には断れない


盛り上がる彼らの向こう側で
ユノがすまんとばかりに
顔の前で手を合わせていた


確かに食べに行こうと
ユノに言いはしたが


僕はそんな気はさらさら無い


悪いけど 飲みに行くのなら
今度にしてもらおうか


僕は待ってる間に急用が入ったから
皆で行ってくれと 帰ろうとすると
ユノはバツが悪そうに
集まっていた皆にまた今度奢るからと


皆のブーイングを交わして
僕の後を追って来た


ふふっ……


そうそれでいい


皆 不満顔だよ
僕達 悪い上司だな


そう思いながらも
心の中は優越感で満ちていた







すみません 昨夜はまた爆睡
コタツを片付けたら 代わりに布団に潜り込んじゃって
(即スピスピと……)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


コメントくださったな○○つ様
うひょ~私も大好物です(。-∀-)
ユノは大変かもしれないですが(笑)
またニヤニヤしてくださいね~
この後もお付き合いくださいませ~(*´-`)

コメントくださったチ○*様
ツボりました?(* ̄∇ ̄)うふふ
これ アノ時に使いたい←イヤン エッチ(笑)
この後もお付き合いくださいませ~(*´-`)

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/05/23(水) 22:13:48|
  2. オフィスらぶ
  3. | コメント:1
<<オフィスらぶ・5 | ホーム | オフィスらぶ・3>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/05/24(木) 05:00:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する