FC2ブログ

ミエナイチカラ

オフィスらぶ・18

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







side C






チャンミンが好きだ…


そう腕の中で言ってくれたユノが


部長の圧力等もあって


僕ではない人を
選んでしまうのではないか


そんな思いが
二人を見た瞬間
マグマのように僕の中で
グツグツと沸き上がり


店から離れた所で
見ているだけのつもりが
思わず店に足を踏み入れていた


店に入り店員の案内も無視して
僕はユノと部長の娘の居る席に向かった


僕の後ろから
店員の声が追いかけてくる


その声で僕が近付いて来るのを
ユノが気付き大きく目を見開いた


そして僕はユノの横
部長の娘に対面する形で立ち


『初めまして
シム・チャンミンと申します』


そう言うと部長の娘は
そんな驚く様子も無く
父から話を聞いて存じておりますと
礼儀正しく頭を下げた


そんな彼女の応対が
いくら普通の事であっても
僕の中では色々と
抑える事が出来なくなって
思わず口に出していた


『チョン課長の部下で…』


「私の付き合っている人です」


『!!』


ユノがいきなり
僕の言葉に被せて
そうはっきりと彼女に告げた


『ユノ!!』


「チャンミン…俺が言うって言ったろう」


「彼が私の好きな人です」


「すみません」


そう言ってユノが
彼女に頭を下げるので
僕も一緒に頭を下げた


部長の娘…彼女はコロコロと笑うと
私の方こそ父が無理を言って
すみませんと頭を下げ
いつまでも立ったままではと
僕をユノの隣に座らせてくれた


そして僕に珈琲を頼むと
彼女は私の方から断りますし
お二人の事は父に内緒にしますとまで
言ってくれた


僕は自分の取った行動が恥ずかしくて
ユノと彼女に何度も謝った










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

コメントくださったな○○つ様
シムさん暴走しました(笑)
もうユノの事には盲目で
宜しければこの後もお付き合いくださいね~


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/06/08(金) 23:33:04|
  2. オフィスらぶ
  3. | コメント:2
<<ありがとうございました | ホーム | いよいよです>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/06/09(土) 02:45:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/06/09(土) 03:10:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する