FC2ブログ

ミエナイチカラ

オフィスらぶ・28

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ










side Y





関係が公になって程なく


俺は部長ではなく
社長に呼ばれた


俺とチャンミンの処遇が
決まったんだろう


どんな結果が待っていようとも
受け入れる覚悟はあった


チャンミンと部署を離されても
仕事は今まで以上にベストを尽くす
そして何と言われても
チャンミンとの付き合いは変えない
そう決めていた







Y「失礼致します」


社長「あぁ チョン課長」


社長室に入ると中には社長一人だけ
てっきり副社長や専務といった
上層部の面々が居て
そこで俺の処遇を伝えられるのかと
思っていただけに
ほんの少しだけ 拍子抜けする


社「そんな入り口で突っ立ってないで
そこ座って」


俺は社長に勧められるまま
部屋の中央に置かれた応接セットの
ソファに座ると


それに合わせて
社長も俺に向かい合うように座った


社長は俺をここに呼んだ理由は
分かるかねと聞いてこられたので


俺は社内恋愛禁止という
社則違反を起こした事を謝罪した


ただ違反については謝罪したが
好きな人が同じ職場に居ても
仕事を疎かにした事は1度とないと


それは俺だけではなく
チャンミンも同じだと
そこは強く訴えた


社長は 熱く語る俺の話を
黙って聞いていた


そして話を終えた俺に社長は


社「君の働きを十分に
評価しての話なんだが」


社「あぁ…まだ上の者しか知らない話で」


社 「あまり…口外しないで
もらいたい……」


Y 「はい…」


社長の少し渋るような物言いに
やはりという思いが
俺の胸のうちに押し寄せてくる


チャンミン…


離されてもいいけど
割りと近い部署だといいな…


覚悟はしていたというのに
いざとなると
諦めが悪い事に俺は苦笑した


社長はそんな俺に話を続けた


社「新しく支店を作るんだが
そこを君に任せようと考えている」


新しい支店を任せる…


社則違反という事が無ければ
昇進とも取れるいい話なんだが


体のいい左遷じゃないか……


そう思っていると
社長は1つの支店を任せるんだ
もっと喜べと言ってきて


君の補佐役に一人
優れた社員を配置するんだが


シム係長に一緒に行ってもらおうと
考えていると言われた


Y「はぁ!?」


急な展開に俺は返す言葉もなく
口を開けたまま
間の抜けた顔をしていた












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/06/21(木) 22:36:50|
  2. オフィスらぶ
  3. | コメント:0
<<オフィスらぶ・29 | ホーム | オフィスらぶ・27>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する