ミエナイチカラ

タイミングその2

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







チャンミンside






久しぶりの二人だけの時間


いつものように
僕がご飯を用意して


いつものように
向かい合って食べて


いつものように
二人で片付けをして


いつものように
ユノには食後のデザート
僕はもう1本ビールを持って


リビングのソファに並んで座り
それらに口をつけて
何を観るって訳でもなく
テレビを流し見して


『……………』


「……………」


お互いこの後を
考えているのは
分かっているんだけど


声もかけれず


『……………』



久しぶりだと


どのタイミングで
いけばいいのか


緊張して


ちょっと悩む……









ユノside






今日は久しぶりに
二人だけで夜を過ごすから


俺の意識はずっと
チャンミンに向いていて


チャンミンが身じろぐ度に


今?今?って
俺…緊張してんのに


なのに……


チャンミンが
なかなか来ない!


来ないんだよぉ~!!


チャンミン
今日するよな?


もしかして…


俺からいけばいいのか!?


そう考えだせば
ますます動かなくなって…


チャンミン~


早く動いてくれよぉ~







はたして 先に動いたのはどっちwww

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

焦れて アソコに熱だけが
溜まっていく二人なのでした




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/07/01(日) 23:11:06|
  2. SS
  3. | コメント:1
<<ときわあなたと・6 | ホーム | ときわあなたと・5>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/07/02(月) 04:21:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する