ミエナイチカラ

heat

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。


続きを読むからどうぞ



軽い性的描写があります ご注意ください



何だか 朝からチャンミンの機嫌が悪い…


周りのスタッフには いつも通りなのに
俺に対してだけ 素っ気ないというか
冷たい……


そんな俺達の雰囲気に気付いたスタッフが
俺に何やらかしたんだと聞いてくる


俺はアハハハと何だろうな~
なんて苦笑いして返す


本当に心当たりが無いから分からない


一仕事終え チャンミンは俺を避けるように先に控え室に戻る


俺…何やっちゃったかなぁ…?
なんて考えながら遅れて戻ると
いきなりチャンミンに腕を掴まれ引き寄せられる


『限界です…』


俺はチャンミンに抱きしめられ
唇を塞がれる


「んぅ……っ」


急に与えられた快楽に 俺はついていく事が出来なくて
涎が溢れて顎まで伝っている


「ふぁ……チャ…ンミン…」


先程までの冷たい態度から一転
激しく求めてくるチャンミンに
俺はどうしたらいいのか戸惑ってしまう


『ユノ…ここ数日の禁欲はわざとですか?』


「ん?禁欲?」


何の事?


「ひゃ!?」


急にチャンミンが俺の尻を揉み始める


『ユノの熱くて狭い此処に僕を捩じ込みたくて…… 我慢出来ません…』


チャンミンは俺の奥をズボンの上から弄り始めた


は!?


「待て待て待て!?」


「じゃあ?朝から機嫌悪かったのは…」


『機嫌悪い?何の事です』


「朝から 俺に対して冷たかったじゃん」


チャンミンは俺のズボンを脱がそうとベルトに手をかける


『ヤリたくなるから ユノから離れてただけですけど?』


チャンミンは器用に俺のベルトを外し
ジッパーを降ろしてくる


「チャンミン!?」


『直ぐ 済ませるから…』


益々エスカレートしてくるチャンミンの鳩尾に
俺は一発拳を喰らわす


「………こんの どスケベ!!!」















いきなりエロ?投下
しかも中途半端なエロ
我慢?出来なくて……( ̄▽ ̄;)

休み中 更新が不定期になるとか言って
内容自体が違うし……
funnyだと思った方 スミマセン m(__)m





応援宜しくお願いいたします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/08/15(土) 21:00:00|
  2. オレのチャンミナ
  3. | コメント:2
<<ヘタレで反省 | ホーム | funny・34>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/08/19(水) 14:15:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

た◯こ様

コメントありがとうございますm(__)m

鍵はつけてませんよ〜(笑)
入れてないからセーフかなと…
チャンミンに捩じ込みたいを言わせたくて…… (;^_^A
今度は捩じ込まれたユノでも
書きたいです( ☆∀☆) ←私 腐ってますから〜(知られてるって!)


よろしければ また遊びに来てくださいね〜


  1. 2015/08/19(水) 17:16:58 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する