FC2ブログ

ミエナイチカラ

Rub*2

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








side C







職業柄色んな患者さんの
体を診てきた


肩凝りのひどい人
腰痛のひどい人
何年も前に怪我した
患部の強張りを解しにくる人に
スポーツ選手と
それはもう様々で


その人に合った治療を見つけ
ゆっくりゆっくり解していけば


施術が終る頃には
患者さんがリラックスした表情を
見せてくれる


それがとても嬉しくて
僕はついつい時間オーバーして
続けてしまうので
同僚のシウォンにはサービスの
し過ぎだとよく言われている











その日は予約の人を受けつつ
若干の空きがある僕が
新規の患者を受け持つ事になっていた


「あの…すみません
初めてなんですが……」


そう言って受け付けに来たのは
ダンスをしていると言ったユノさん


同じダンスをしている
先輩に勧められて来たと話していた
確かにここにはダンサーの方も
多く通っている


僕は一通り このサロンの説明をし
サロンの術着に着替えてもらい
彼に施術台に横になってもらった


そして彼の気になる所を
ゆっくりと解していった


「…んっ」


『すみません 痛かったですか?』


彼が声を上げたので
確認を取ると


「あっ…いえ…」


「もっと……強くても…いい…です」


『………………』


「先生の…マッ…サージ
とっても…気持ち…いいです」


『ありがとうございます』


「……………」


『……………』


彼は僕の施術を受けながら
次第に眠りに落ちていった







『…………』


今まで患者さんに対して
こんな気持ちになる事なんて
無かった


彼のちょっと甘い感じの声が


彼のその温かな体が…



ヤバい………


マジでくる……






僕は初めて会った彼に
恋してしまった











同僚にシウォン チョイスしちゃった

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


コメントくださったな○○つ様
ニヤニヤしてくださいww
そんな状況狙います(。-∀-)
この後もお付き合いくださいね


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/07/07(土) 23:28:03|
  2. Rub
  3. | コメント:1
<<ときわあなたと・9 | ホーム | Rub*1>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/07/08(日) 03:38:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する