FC2ブログ

ミエナイチカラ

honey ☆ 3

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ










僕はマネヒョンのバックの
底の方に申し訳なげに入っていた
Tシャツとハーフパンツを見つけ
引っ張り出して着替えると


マネヒョンは何でウサギ着ないんだよ~
これすっげぇ人気で 今 品切れなんだぞとかぶーぶー文句を言われた


そんな事言われても
僕の知った事じゃないし


僕はそんなマネヒョンをスルーして
これからどうしますかと
真面目な相談すると


ウサギパジャマを持ってても
そこは 僕ら東方神起のマネージャー
今日明日の予定を素早く確認すると
何とか調整すると言ってくれた


この体がどの位でもどるかは
分からないけれど
皆に迷惑がかからなければいいなと思った


マネヒョンは各方面に電話をかけ
僕や東方神起の調整を終えると
そういえばと僕に聞いてきた


「そういやユノはこの事
知ってるよな?」


『…………』


それを聞いて僕は思わず
固まってしまう


マネヒョンは僕の様子を見て
何か確信したようで
またスマホを操作し
画面をタップし始めた


「まったく 何でユノに言ってないんだよ」


うわぁ-----------!


止めて---------------!!


ユノに知らせないでぇ--------!!


僕がマネヒョンに飛び付いても
僕のこのサイズのじゃ
スマホを取り上げる事も出来ず
逆にマネヒョンに頭を押さえ付けられてしまう


「ユノの協力無しじゃ やってけないし
相棒だろうが!」


『…………………』


それはそうなんだけどさ…


ユノが小さくなった時とは
事情が違うというか…


僕は髪をクシャクシャに掻き回し
深いタメ息をついた












マネヒョンがユノに連絡を入れて
15分ほど過ぎた頃


ユノがもの凄い勢いで
僕のマンションに飛び込んできた


「チャンミナぁぁぁぁ~」


『!?』


ちょっと…


何でアンタそんなに
目 キラキラさせてんの……


ユノは僕の姿を確認すると
僕の脇に手を差し込むと
軽々と僕を抱き上げた


「チャンミナ~カワイイ~♪」


カワイイじゃねぇし
心配すること他に山盛りだろ!


マネヒョンはユノに
抱っこされる僕を見て
腹を抱えて笑いだす


チッ!!


二人とも…覚えとけ!!


ユノの僕への抱擁は
しばらく続いたのであった






久しぶりに天気だったので 3回洗濯からの
旦那さんの実家で畑仕事を手伝って
夕方に安定の頭痛がやってきて
スミマセンがdestinyの方の更新は断念しました



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

コメントくださったゆ○○○ま様
絶対似合うよね(≧▽≦)
もちろんユノにも来て欲しい
私も一杯 写真撮りますww
destinyのコメント返事も
男前なチャンミンのおかげで
ユノの不安も和らいだと思います(*´-`)
おかげで二人のゴールインも間近!
この後も お付き合いくださいね~( ・∇・)



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2018/09/24(月) 00:12:12|
  2. honey ☆
  3. | コメント:0
<<destiny * 9 | ホーム | honey ☆ 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する