ミエナイチカラ

funny・52

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ






オンマじゃない


連れてこられた……



その言葉に僕は血の気が引くのを感じた



「チャンミンお前はその子を見てろ!
俺がユノを見てくる!」


僕が動きだそうとしたのをマネヒョンが止めた
僕が女子トイレに向かうわけには
行かないからだろう
マネヒョンが機転を利かしたのが分かる


僕は泣いている子供の手をギュッと握りしめ
マネヒョンがユノを連れて戻るのを待った


暫くしてトイレからマネヒョンが顔を見せる
その傍らに…ユノは居なかった……


何故!?


だって僕達 トイレから出てくる人を
見逃したりしてない!!


思わず僕は子供の手を離しマネヒョンに駆け寄った


『ユノは?』


マネヒョンが力なく顔を横に振る


「中に誰も居ない…」


『どうして?誰も出てこなかったじゃないですか!』


僕はマネヒョンの腕を掴み揺する
マネヒョンは眉間に深い皺を寄せて
更に顔を振る


「ここの出入口…俺達が見ていた所と
もう1つ向こう側にもある…」


『まさか!!』


『じゃあユノは?』


「居ない………居なくなった」


僕はマネヒョンの肩を掴み更に詰め寄る


『嘘でしょ!?』


マネヒョンは俺の腕をほどき項垂れる


『連れ…去られたんですか…』


「分からん…」


「だが…ユノが居なくなったのは事実だ」


『警察に!』


「駄目だ……ユノの事を説明する訳にいかない」


『じゃあどうするんです?』


「連れ去られたなら何か接触があるまで待つしかない」


『そんな………』


「もしも…何もなかったら…」


『止めてください!!』


僕は最悪の考えを否定する


『とにかく そう遠くに行っていないでしょうから
手分けして探しますよ!』


そうだ こんな所で話している場合ではない
一刻も早くユノを探さなくては…


その前に女が連れて来た子供を
安全な場所に預けようと振り向くと
子供の姿も無くなっていた………


どういう事だ!?
あの子もグルなのか?
でもあんなに泣いていたのに……


僕もマネヒョンも訳の分からない事だらけで茫然としてしまう


だけど…ユノが居ない……


それだけは確実に分かる事だった














ポチっと応援お願いいたします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/09/08(火) 21:00:00|
  2. funny
  3. | コメント:2
<<funny・53 | ホーム | 朝寒>>

コメント

サスペンスぅ?!

えっえっ?!
ほんわかムードかと思いきや、なにやらサスペンスぅな展開にドキドキです。
ユノのあまりの可愛さに思わず連れ去りなら理解できますが(いや、それも犯罪だから(^^;;)計画的とは?!
マネヒョン〜!チャンミンっ!!
早くユノを見つけて〜!!
  1. 2015/09/09(水) 06:00:23 |
  2. URL |
  3. ミント #-
  4. [ 編集 ]

ミント様

いつもコメントありがとうございますm(__)m

まさかの展開Σ(T▽T;)
どーなるんでしょう!?
逆に聞いてみる……スミマセン

ユノ 可愛いですから〜(* ̄∇ ̄)ノ

この後も お付き合いいただけると
嬉しい限りです(*´-`)
  1. 2015/09/09(水) 17:29:26 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する