ミエナイチカラ

僕のヒョン・3

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホです。
恋人設定です。
ダメな方は退出をお願いいたします。

大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ



ヒチョリヒョン!!
その目隠しは
何のつもりですかね!!!
もしかしてさっき見た雑誌のユノから
考えた遊びですか!!!



ユノもユノです!!



アハハハ~なんて
よく呑気に笑ってますね‼



「ユノ~♪手だせ~
今から皆 順番に手握っていくから
誰の手か当てろよ~♪」



この為に用意していたんだろう
アイマスクをされながら



「アハハハハ~OK!」
なんてやる気満々な ユノ…
飲ませ過ぎだ!!



クソっ!!!



僕は何とか周りに合わせて
笑っていたつもりだったけど
不機嫌がまるわかりだった。



「チャンミナ~
そんな恐い顔しないで~
お前も参加しろよ~」



ヒチョリヒョンの言葉に
ドッと周りが笑う。



そんな中
アイマスクしたままユノが
側にいるであろうヒチョリヒョンの方に
向かって話かける。



「なぁ これってどこでゲームクリアなんだ?」



「そうだなぁ~ お前がチャンミンを
当てたらゲームクリアだな♪」



「ユノ~当てるまで終わらないからな~」



なんて皆が盛り上がる。
これは当分終わらないだろう。
ユノから一番遠い場所にいた僕の順番は
一番最後だろうと予測出来る…



僕はイライラを抑えるために
今日 何杯めかのビールを煽った。



私もゲームに混ぜてください。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/05/16(土) 21:00:00|
  2. 僕のヒョン
  3. | コメント:0
<<僕のヒョン・4 | ホーム | 僕のヒョン・2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する