ミエナイチカラ

funny・66

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







あんなにムカついていた社長に
ユノの要らない一言で
僕はパンケーキを作る羽目になった


別にここで食べていかなくてもいいじゃないですか…


と反論出来ない僕
今この四人の中で一番年下だから仕方ない


せめてもの反撃に
僕はチョコソースとストロベリーソースそれに
アイスまでトッピングした超甘いパンケーキを
社長とついでにマネヒョンにも出した


そのパンケーキを見たユノはズルい
なんて言って膨れっ面を見せる


「何で二人には チョコとイチゴしかもアイスなんだよ~」


「チャンミンのケチ~
俺もそっちの食べたかった~~」


駄々をこね始めるユノ…


『ケチってなんです!
ユノさっきパンケーキ食べたでしょ
それにホットチョコも飲みましたよね』


幼い子供を諭すように ユノにダメだと言っていると
社長が余計な事をしてくる


「チャンミンいいじゃないか
ユノ あ~~ん」


社長はソースたっぷりのパンケーキを
一切れフォークに指してユノに差し出した


ユノはそれを迷いもなく パクりと食べた


「んまい~~♪」


ユノ!? 素直に食べるなよ!


「美味しいか?」


社長も何惚けた事聞いてるんです
僕が作ってんだから不味いはずないでしょ!


僕のイライラを余所に二人でパンケーキを食べ始めたから堪らない


そのイライラを上乗せするように
マネヒョンまでもがユノに食べさせようとケーキを差し出した


「ほらユノ 俺のも食べていいぞ!」


良くねぇ!!!


僕は二人の皿を取り上げた


『これはユノに食べさせる為に作った分じゃありません
二人とも食べないなら下げますよ…』


僕は半分以上残った皿を
3人に有無を言わさずに下げた


「チャンミンもったいない!」


ユノが残念そうに下げたパンケーキを追ってキッチンまでやって来た


『そう思うなら 貴方は食べないでくださいよ!
これは社長とマネヒョンの分なんですから』


「えぇぇぇ~~」


ユノはまだ納得出来ずにパンケーキを見ている


僕はユノを納得させるために
今度はユノのリクエスト通りに作ると約束をする


「じゃあ お昼に 生クリームとフルーツたっぷり
アイスはイチゴとチョコミックスで作って!」


お昼もパンケーキですか………


僕はガックリ肩を落とした








なんだろ 結局 ユノに甘いチャンミン( ´△`)





ポチっと応援お願いいたします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/09/26(土) 21:25:45|
  2. funny
  3. | コメント:0
<<ムソク様 鑑賞 | ホーム | funny・65>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する