ミエナイチカラ

僕のヒョン・5

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホです。
恋人設定です。
ダメな方は退出をお願いいたします。

大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







キュヒョンを当てられなかったユノは
次こそ当てると言わんばかりに
シウォ二ヒョンの手を握り返す。


お?
前のキュヒョンの時より
触りすぎじゃないですか ユノ?
手首より上まで触ってますよ!!!


ちょ!?
シウォニヒョンも
何まんざらでもない顔してんですか!?


「ん~?誰だこれ? どっかで嗅いだ匂い~」


あー!!!!また匂いかぎ始めたー!!!
分かんないなら匂い嗅がなくていいんですよ!!!
ってどこで嗅いだ匂いだって言うんですか!?


またウンウン悩み始めたユノを
もっと上まで触ってみろ~
手だけじゃなくて顔を触れば分かるぞ~
なんて周りで色んな事を言ってくる。


「っそっか~」


なんて呑気に返事するユノを
シウォニヒョンは口元をゆるめながら
握った手をグイっと引き寄せ
ユノを抱きしめる。


ヒュー♪
「 どうだ ユノ~分かるだろ!」


皆余計な事を言わなくていいです!
黙ってて下さい。



シウォニヒョンも
何要らない事してんですか!?


ユノ! 何大人しく抱かれているんですか!?


僕のイライラを他所に
シウォニヒョンの腕の中で
クンクン匂いを嗅ぐユノ…


「わっかった♪シウォンだ!!」



当たり!!っと皆が驚きの声を上げる。



なんで分かったんですかユノ…



僕は当てたユノにモヤモヤしていたのに
輪をかけてシウォニヒョンが余計な事をする。



「当てていただいて光栄です。」



ユノの手の甲にキスをし
さらに抱きしめた。










このゲームどこまで続ける?
ユノ総ウケ……
(漢字で書くほどでもないのでカタカナにしてみた)
ダメですかね?(´-ω-`)








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/05/19(火) 22:00:00|
  2. 僕のヒョン
  3. | コメント:0
<<僕のヒョン・6 | ホーム | 家族>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する