ミエナイチカラ

Funny・78

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







「なぁ ユノの奴 動いてるぞ!」


『動いてますね!』


僕とマネヒョンは
むにゃむにゃ言ってるユノを覗きこみながら
可笑しな会話をしてしまう


僕がユノの頬を指でつついてみると
ユノはう~んと言って
触られた頬を隠すように寝返りをうった


どうしよう もっと触りたい…


僕はユノが動くのが嬉しくて
つい何度もユノの頬をつついてしまう
その度にユノは僕の手から逃れようと
寝返りをうったり 的外れな所を払ったりしてみせた


その様子が面白くて
思わず吹き出してしまう僕とマネヒョン


「チャンミンやり過ぎだろ~」


そう言いながらも
マネヒョンの見尻は下がりっぱなしだ


しばらくユノで遊んでいた僕だったけど
次第に我慢出来なくなって
マネヒョンに聞いてみた


『マネヒョン起こしていいですかね?』


「いやいや チャンミンまだ早いかもしれん」


何が早いんですか?


だってもう目を覚ましそうですよ


『もう いいでしょ』


「う~~ん」


マネヒョンは悩む素振りを見せて
結局首を縦に振った


「よし!いいか!起こすか!!
チャンミン せっかくだから
チューしてユノ起こせよ~」


ぶはっ!!


せっかくって
何言ってんですか?
マネヒョン嬉しすぎて
頭おかしくなりましたか?


僕は吹き出してしまった口元を
手の甲で拭いながらマネヒョンを見ると
マネヒョンはスゴくにやけた顔をして
僕を見ていた


マネヒョンは僕とユノの関係を知っている


だからかな余計にその顔が変態っぽく
見えるんだけど…


「ほら 何だっけ?昔話か何かあっただろ
チューしてお姫さまを起こすやつ!」


マネヒョンはどんどん興奮してきて
益々 僕を焚き附ける


『嫌ですよ なんでマネヒョンがいる前で
ユノにキスしなきゃいけないんですか』


僕はユノの頬をつついていたのを止めて
マネヒョンを睨んでやる


「大丈夫 俺の事なんか気にするなよ~」


はぁ!?


誰が人前でチューするか!


『じゃあ 起こしません
マネヒョン リビング行って飲みましょう』


僕はマネヒョンの腕を取り
ベッドルームから出るように引っ張った


「えぇ~~起こせばいいじゃないか」


意外にしつこい!


『マネヒョンが居ない時にしますから』


マネヒョンはぶつぶつ文句を言いながらも
僕に連れられてユノの側を離れた









ポチっと応援お願いいたします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

ちゅ~~('ε'*)




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/10/14(水) 21:00:00|
  2. funny
  3. | コメント:0
<<Funny・79 | ホーム | funny・77>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する