ミエナイチカラ

Funny・87

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








マネヒョンも一緒に寝よ




ユノの何気ない一言に固まるマネヒョンと僕



二人同じタイミングでお互いの顔を見て
揃ってユノを見た



今 僕とユノはエッチしようとして
マネヒョンに止められた訳で
そこにきてマネヒョンに一緒に寝ようって
誘うなんて……



ユノ どういう事なんですか?



一緒に寝ようなんて問題発言したわりに
ユノはニコニコ笑っていて
あまり深く考えてマネヒョンを
誘ったわけではないのが直ぐに分かった



変に勘ぐってしまったのは
僕の中に下世話な考えがあるって事ですかね



僕は改めてユノに聞き返してみた



『ユノ… マネヒョンも一緒にって
どういう事ですか?』



この僕の質問に側に居たマネヒョンが
何故か唾を飲み込んでいた



まさかマネヒョン…変な事を考えていたんですか?
僕がギロリとマネヒョンを睨んでやると
マネヒョンは慌てて 首を振ってきた



「チャンミン違うぞ!
俺はお前らと3Pなんてしないからな!!」



マネヒョン…最低ですね



僕が思いっきり咳払いをすると
マネヒョンは あわわと狼狽えてきた



それを聞いたユノも 物凄く白けた目で
マネヒョンを見ていた



マネヒョンには悪いけど
変なことを口に出さなくて良かったと
僕は思わずホッと胸を撫で下ろした



そして僕もユノに便乗して
冷ややかな視線をマネヒョンに送ってやった



「あぁ~その~なんだ
今のは聞かなかった事にしてくれ」



無理じゃあないですかね
ほらユノが益々引いていってますよ



更に動揺し始めたマネヒョンが
なんだか可哀想になってきたので
僕は助け船を出してやる事にした



『ユノ このベッドで3人並んで寝るのは
流石に無理ですから 床に布団引いて そこで1人寝ましょうか』



『ねぇ マネヒョン
それなら僕達を見張れていいでしょ?』



マネヒョンはもちろんだと大きく頷いて
自分から下で寝ると言い出した



それは当たり前でしょ



僕はマネヒョンの為に
もう一組布団を用意した














にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

あぁ~チャンミン×少年ユノが……
マネヒョンに邪魔されて……
諦めませんよ たぶん(←ヘタレ)



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/10/27(火) 21:02:19|
  2. funny
  3. | コメント:0
<<Funny・88 | ホーム | 夢見る二人・3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する