ミエナイチカラ

Funny・89

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







ここで寝ていい?



僕の布団に潜り込んできたユノは
僕に抱きついて そんな事を言ってきた



わざわざ こんな狭い所に
二人で寝なくてもいいじゃないですか!



それなら最初からマネヒョンに
下で寝てもらっても良かったのに



僕はユノの行動に納得出来ずに
ユノに背を向けてしまった



「チャンミン」



「チャンミン~」



「チャンミナァ~」



「チャンミンってばぁ~」



あぁ… うるさい
もう黙って寝れば!



僕はそれでもユノを無視してやった



「チャンミンってばぁ~」




「何だよぉ~無視するなら 好きにするからな」




そう言ってユノは僕の背中から前へと腕を回して
僕のお腹と言うか腹筋を触り始めた




『どこ触ってんです!!』




「シッ!静にしないとマネヒョン起きるぞ」



シッって…



何で僕がそんな事言われなきゃならないんです!
ユノが変な所触らなきゃいいんでしょ!



僕は思わず振り向いてユノを睨んでやる



「チャンミンが返事しないからじゃん」



そう言ってユノは唇を突き出して
僕のお腹を足蹴にした



痛っ…



それって僕のせいですか!?



僕はむしゃくしゃして
ユノに背を向けようと体を動かしたら
ユノは僕にしがみついてきて
動こうにも動けなくなってしまった



『離して下さい』



「…………」




僕は無理やりユノの体を離そうとすると
ユノも離されないようギュ~っと抱きついてきた





「チャンミン……」





だから僕にどうしろっていうんです








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

どうしたいんでしょうユノ




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/10/29(木) 21:00:00|
  2. funny
  3. | コメント:0
<<Funny・90 | ホーム | Funny・88>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する