ミエナイチカラ

谷間・2

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




性的描写がございます
閲覧にはご注意下さい


チャンミンって 本当にイケメン


頭いいし
礼儀正しいし
真面目だし
歌は上手いし
ダンスも上手くなったし
何よりハンサムだ~し~♪


今は目をつむってるから見えないけど
この大きな目で見られちゃうと
俺が照れてちゃう////



それに この体!
こうしてチャンミンの腕の中のにいると
俺ドキドキしちゃうんだ////

男から見たって惚れちゃうよなぁ…



んふふ
チャンミン分かってるかな…
俺がどんなに お前の事好きかって













俺はチャンミンの腕の中ので
情事の余韻を感じていた…


チャンミンはというと
動けない俺に代わって
体をキレイにしてくれたり
シーツや諸々を新しい物に替えて
疲れきったのか俺を腕に抱いて
グッスリ夢の中だ


俺はチャンミンにもっと体を
密着させる為に体を寄せた


『う…ん』


チャンミンは少しだけ声をあげて
俺の動きに合わせて 俺の体を引き寄せたけど
起きる気配がなかった



起こしたい訳じゃないけど
俺は少しつまらなくなって
何気にチャンミンの胸に顔を伏せた



ん?



伏せた俺の目に入ったもの…
それに俺はニンマリしてしまった



チャンミン…



谷間出来てるじゃん!



チャンミンの胸には 俺を抱き込んだ為に
鍛えた胸が寄せられて谷間が出来ていた



あはっ!
俺に散々 巨乳とか言っておいて
チャンミンも巨乳じゃ~ん!



俺は嬉しくなって
チャンミンの胸元をマジマジと見た



チャンミンの た・に・ま♪



んふふ~♪



思わず谷間に指を突っ込んで
深さを確認してしまう



「…結構あるじゃん」



俺は突っ込んだ指を上下に動かしてみた




「///////」




なんか照れる……




チャンミンの谷間



ん~~



でも俺のと違って硬い?



俺はチャンミンの谷間に指を突っ込んだまま
自分の胸を寄せてみた



ん~~~



やっぱり
俺の柔らかい



俺は何度も自分の胸を寄せたり離したりしていた



『人の胸に指突っ込んで……
何やってんですか』




ヒィ~~~!!




チャンミン起きてた!?




チャンミンは俺の指を掴んで
不機嫌な顔をしている



「起きてたの?」



『誰かさんが 人の胸で遊んでるから
目が覚めましたよ』



「…………あはっ」




『…………』




この至近距離で無言なチャンミン…




マジ怖ぇ……




俺は勇気を振り絞って
チャンミンに話かける




「チャンミン…」



「あの……その…」




『何です?』




ふとチャンミンを見ると
チャンミンは口角を上げて
ニヤニヤしていた




『僕のより ユノのが柔らかくて
とっても具合がいいですよ』



「あっ?」



俺はアッと言う間に
胸を寄せられ 両胸の突起を舐められてしまった



「やめっ……」




俺のソコは先程の情事で
チャンミンに散々弄られて敏感になっていたから
直ぐに甘い声を漏らしてしまった



「ああ……ん」




チャンミンは俺のそんな様子を見て
ほくそえんでいる




『ユノ……
足りなかったんでしょ?』




そう言うとチャンミンは俺の突起を
チュウチュウ吸い始めた



「やぁぁ~~~」




『イヤじゃないでしょ』




チャンミンは吸っていた俺の突起を噛んできた



「いたっ………」




『僕の胸で遊んだバツです』



俺は痛い位に胸を苛められ
再び快楽の波に飲まれていった






************








僕の胸で遊ぶなんて
100年早いですよ







チャンミンの谷間……(°Д°)




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

お友達とのチャンミン谷間妄想から
出来たお話です(笑)
た◯◯様
妄想ありがとうございます( ☆∀☆)




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/11/16(月) 21:00:00|
  2. オレのチャンミナ
  3. | コメント:0
<<Funny・102 | ホーム | たわ言 11/15>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する