ミエナイチカラ

あいのかぜ・8

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








チャンミンside






俺はまだ一時間程しか経っていなかったけれど
飲み会の席を中座した



後からキュヒョンに聞かされたのは
俺が帰った後 女の子達はブーブー文句を
残った男達に言ってたって話だ
でも そんな事 俺には何の関係もない
元々チョンチーフが来るって言うから
俺も出ると言っただけで チーフが来れないなら居ても意味がない
それにテミンに言われた
チーフに頼りにされていないっていう言葉が俺の気にかかっていた



俺は通りでタクシーを捕まえ 社に戻った



配達業者の最終集荷時間が近いから
もう検査作業は終わっているかもしれないけれど
それでも俺は製造部の建屋に向かった



製造部は元々 交代作業をやっているので
建屋からは灯りが洩れていた
俺は軽く深呼吸してから中に足を踏み入れる



広い作業場の一角に人が集中しているのが見えて近づくと
製造部の人達が慌ただしく動いていた
どうやら作業が大詰めを向かえているようで
誰一人 俺が中に入ってきたのを気にしなかった



その作業着を着て作業をに追われている中に
一人 ワイシャツの袖をまくりあげ
作業しているチーフを見つけた



俺は製造部の人達に頭を下げ
何か手伝える事はないですか?と聞いてみた



俺の声に気付いたチーフが目を真ん丸にして
口をポカンと開けていたけれど
俺は工場長に頭を下げ
何か手伝える事はないですか?と再度聞いてみた


工場長も いきなりの俺の出現に驚いてはいたけど
お前は梱包作業に回ってくれ!と指示された
俺は近くに上着を脱いで 近くにいた製造部員に細かい指示を受け梱包作業を始めた










「有り難うございます~お荷物お預かりいたします」



そう爽やかに挨拶して
配達業者は仕上がった荷物を運んで行った



製造部の皆は 出荷に間に合った
安心感と妙な疲労感で 全員ぐったりしていた



そんな中 チーフが笑いながら俺に近付いてきて
どうしたんだよ いきなり来るからびっくりしたぞと言ってきた



俺は最初から手伝えなかったことを詫びた



何言ってんだよ
来てくれたのがどんなに嬉しかったかっての!
チーフはポンポンと俺の腕を軽く叩いてくれた



俺はどんどん顔を赤くなっていくのが分かって
チーフから一歩離れた



チーフはそんな俺の様子に
ん?と顔を傾げて見せる



そんな俺達の側に工場長が来て
助かったと深々とお辞儀した



チョンチーフは たいした戦力にもなれず
申し訳ないと逆にお辞儀したので
俺もチーフに合わせてお辞儀する



工場長が今度 礼をするよと言うと
チーフは ニンマリ笑って
じゃあ○△の件 明日にでも
ゆっく~りと聞いてくださいよ~
と工場長に詰め寄った
工場長は 苦笑いしながらも
あんまり無理な事言うなよと
チーフに釘を指してはいたけど
呑気に鼻歌を歌い始めたチーフには
効いてはいなかったようだ




「じゃあ~ シム帰るか~」




そうにこやかに笑いかけられたのにつられて
俺は思わずチーフに声をかけた




『これからラーメンでも食いに行きませんか?』



チョンチーフはよく聞こえなかったのか
俺の誘いをもう一度聞き直してきた



「ん? 何て?」



『何度も言いませんから
ちゃんと聞いてくださいよ』



チーフはコックリ頷いて
俺の話に耳を傾ける



『お腹空いたでしょ?
俺いい店知ってますから
ラーメン食べに行きましょう」



チーフはパァっと花が咲くように笑って



「行く!お前の奢りな!!」



ん? 俺の奢りですか……
こういう時って 普通 上の人間が
お疲れ様って出してくれるんじゃ…



そう思いながらも
俺は笑いをおさえれなかった







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

ちょっと進展?


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/12/12(土) 21:00:00|
  2. あいのかぜ
  3. | コメント:2
<<日々のたわ言12/13 | ホーム | あいのかぜ・7>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/12/12(土) 22:00:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

た◯こ様

いつもコメントありがとうございます(*^^*)


ユノとチャンミンが シャツの袖を
まくりあげて 汗かいてるって
萌えますよね〜(* ̄∇ ̄*)


これから二人がどうなるのか
私の頭の中は腐ってるので
決まってますが……
宜しければまた遊びに来てくださいね
(*´-`)




  1. 2015/12/13(日) 13:58:23 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する