ミエナイチカラ

あいのかぜ・11

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








チャンミンside





なんて日だ……



出社した俺を課長はいきなり



「シム!いいところに来た
今日は俺と一緒にa社に回ってくれ!!」



はぁ?
それって他の人付いてたんじゃ…


俺が疑問をぶつける間も無く
課長はa社に行く前に同行するカメラマンとの
待ち合わせ時間に遅れるから直ぐに出るぞと
俺は有無も言えずに腕を引っ張られて行った



『かっ…課長 チョンチーフに一言連絡を…』



「大丈夫 俺が後からチョンに連絡入れておくから!」



「後でなくて 直ぐすみますが」



時間ないんだぞ!



そう課長に言われると 下っ端の俺に
拒否権は無く
俺は仕方なく課長に付いて行った



付いてた行ったまでは良かったが
カメラマンと課長の無駄な話に時間がかかって
危うくa社との打合せに遅れそうになったり
a社との事前の話が微妙にズレていたりと
いつもチョンチーフと回っていたら
有り得ないようなトラブルが
俺に降りかかってきた



マジか……



それでも何とか課長との外回りが終わり
俺はかなり遅く社に戻ってきた
課長には直帰しても構わないと言われたが
今日の自分の仕事が全く出来なかったのが気にかかって
少しでもと思って営業部に向かうと部屋の灯りが点いていた



まぁ外回りした後は誰でも
遅くなることもあるから
俺は気にすること無く部屋に入った



『お疲れ様です……』



一応 声をかけて中に入ったのだけれど返事が返ってこない
最後のヤツが消し忘れたなと
俺は特に気に止める事もなく自分のデスクに向かうと
そこには俺の隣のデスクで…
チョンチーフが机に突っ伏して寝ていた



俺はチーフの今日の予定を思い出してみた
チーフなら特に残業になるような事は無いはず……



チーフもしかして待っててくれた?



などと自分の都合のいい様に考えながら
自分のPCを立ち上げてみると
今日やる予定だったデータの処理が終わっていた



チーフ……



俺とチーフは共同作業をしている事が多く
このデータもお互いのPCで作業出来るようにしてあった




俺の分まで……




俺はそっとチーフの肩に手をかけて
チョンチーフを起こした



『チーフ風邪ひきますから
こんな所で寝ないでください…』



俺の声にチーフはムニャムニャ言って
目を開ける



「…おぅ お疲れ様」



『チーフこそ……お疲れ様です』



「ん?」



チョンチーフはあくびをしながら背伸びをして見せる




『…データありがとうございます』




俺が深々と頭を下げると
チョンチーフは大した事してないし
今日の分溜まっていくと面倒だろと
笑い顔を俺に向けた










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


出来る男(*´-`)
チョン&シム



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/12/17(木) 21:00:00|
  2. あいのかぜ
  3. | コメント:0
<<あいのかぜ・12 | ホーム | あいのかぜ・10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する