ミエナイチカラ

funny・新年編・2

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




※性的描写がございます
閲覧は自己責任でお願いいたします







「ふぅ……んっ……ぁっ」





『ふふっ……ユノ……
小さくなっても 胸の感度の良さは
変わりませんね♪」





そう言ってチャンミンはちゅぱちゅぱと
俺の胸の突起を舐め続ける





『ユノの胸のポッチがチェリーみたいに赤くて
僕に食べてくれって言ってますよ♪』






「あ……やぁ……
チェリー…って何だよ/////
チャンミン…胸舐めすぎ…だぁ」






俺が小さいから?
今年1発目だから?
何だかチャンミン変態くさい////






『ユノ気持ちいい?』






俺はもう胸だけでも 感じすぎてしまって
チャンミンにバレないよう
自分の勃っているアソコを隠すために体を捩った





『ふふふっユノ 何隠してんの
可愛いここが気持ちいいって言ってるからですか♪』






せっかく隠したと思ったのに
チャンミンにあっさりと腰骨を押さえられて
俺は勃っちゃってるアソコを晒してしまう





「や……」






『ふふっ♪カワイイのに ちゃんと勃ってますね♪♪』






「あっ…やぁ…カワ…イイ…って……言うなぁ…」





『カワイイのをカワイイって言って
何か間違ってますか?』




そう言ってチャンミンは意地悪げに
口角の端を持ち上げると
チャンミンはその大きな手で
俺のそこを握りこんできた





「やっ…チャンミン!」






チャンミンはゆっくりと手を
上下させたかと思うと親指を使って
割れ目を擦り始める
俺は止めろと言えず あまりの気持ち良さに体を震わせてしまう






「あっ……あ…チャン…ミンのへ…んたい…」






『えぇ…そうですね僕は変態ですから
ユノのカワイイここだけじゃ満足出来ないんですよ』






「えっ……?」





チャンミンはそう言うと俺のを握ったまま
俺の尻を揉みだした





「ひゃ…ぁ」





俺は不意に尻を揉まれ思わず腰を浮かしてしまい
その反動でチャンミンの目の前に
自分のビクつくそこを晒してしまう





『ユノそんなにアピールしなくても
ちゃんとしてあげますから…』






チャンミンは俺の物にペロッと舌を這わせたかと思うと
アイスキャンディを口に頬張るように
俺のを咥えそれと同時に
俺の後腔を指でなぞり始めた




「あぁっ!」





「チャンミン!!」




『ユノ…止めませんよ』




『僕は…本気ですから』





俺はチャンミンから与えられる刺激に
荒い呼吸を繰り返しながらも頷いた





「いい…って…言っている」





俺はチャンミンの指が入りやすい様に
自ら腰を浮かせた














にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


たくさんのポチありがとうございます
エロ入れますね……って終わらなかった
新年そうそう終わらなくてスミマセン(´Д`|||)


拍手コメント下さった方
ありがとうございます(*´-`)
続けました(笑)
よろしければ お付き合いください



あっ? 今日 日曜日だ休みの日…




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/01/03(日) 21:16:46|
  2. funny
  3. | コメント:0
<<funny・新年編・3 | ホーム | funny・新年編・1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する