ミエナイチカラ

僕のヒョン・14

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホです。
恋人設定です。
ダメな方は退出をお願いいたします。

大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




『ヒチョリヒョン~俺に任せろ!
だなんてよく言いましたね…』
『何が僕とユノの仲を取り持つだ!
ただの家飲みじゃねぇーですか!』

どうやら僕のピッチはいつもより早く
ヒョン達相手につい愚痴をこぼしてしまう。


「チャンミン 落ち着け~」
と言いながら3人は大爆笑だ。


「わぁ~かってるって~
次は必ずユノを連れてくるから~」
『ヒチョリヒョン…そんなに笑いながら言っても納得できね~ですよぉ~』


「チャンミン本当にユノヒョンの事好きだな~」
『シウォニヒョン…だからこの前の飲み会で
キレて帰ったんじゃねぇ~ですか~』


「チャンミン~ユノヒョンってカワイイなぁ~」
『キュヒョン、お前は黙ってろ‼』
「ちぇ~チャンミン、かわいくねぇ~」
『それはどうもありがとう~』


僕はいたって真面目に答えてんのに
なんで皆に笑われてんだ?


そんな僕に笑いながらヒチョリヒョンが声をかけてくる。
「チャンミン~お前もうヤバくないか?
目座ってるぞ~」


『そんな事ないですよぉ~
まだまだイケますよぉ~』
そんな事言いながらも、ちょっと飲み過ぎたかも…
さっきから少し眠くなってきてたんですぅ~

『…ヒチョリヒョン、なんだか今日優しくねぇ~ですかぁ?』

「俺はいつも優しいぞ!!
今日はチャンミンを慰めよう会だから
特にお前に優しいんだよ!」

ふふっ
自分で言ってドヤってちゃ
意味ねぇ~ですよぉ~
でもちょっとカッコいいですねぇ…


「おいキュヒョン、
チャンミン連れて行って
代わりにドンヘ起こして来い!」


おっ!?ドンヘヒョンも来てたんですか?
気付きませんでした。


「ドンヘも来てたんだけど、チャンミン来る前に潰れちゃってさ~
向こうの部屋で寝てんだ」


『ドンヘヒョン潰れるって、
いつから飲んでるんですか…』


「だってチャンミンとシウォン来るの遅かったから 先にチョッとだけな~
ドンヘ酒弱いからあっという間に寝ちゃってさぁ~
キュヒョンにベッド借りて寝てんだ~」
アハハハ~


可哀想なドンヘヒョン…
でも同情しませんよ!


この後は僕の代わりに遊ばれてください!


『じゃぁ チョッとだけ休んできます~』


キュヒョンが僕と一緒に行こうとするけど勝手知ったる人の家。
『あぁ僕だけで大丈夫、ドンヘヒョン起こせばいいんだな?』

そう言って僕はキュヒョンに断り一人ベッドルームに向かう。







チャンミン いつもキュヒョンのベッド使ってんのぅ……?(∵*)




居たんだドンヘ!?



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/05/29(金) 21:00:00|
  2. 僕のヒョン
  3. | コメント:2
<<僕のヒョン・15 | ホーム | 悩む…>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/30(土) 00:11:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

sa○○様

いつもありがとうございます(*^^*)
ウフフフ どうなんでしょうね〜

また遊びにきてね
  1. 2015/05/30(土) 12:09:45 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する