ミエナイチカラ

夢見る二人・16

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







ヒチョル先生とユンホ先輩が兄弟?



まぁ二人共 美人だから
兄弟って言われても納得するけど



それより僕の事が先生に筒抜けって
めっちゃ恥ずかしい!!



僕達がどこに遊びに行っているのかも
僕が未だに先輩呼びしてるのも
キスをしたことないのも
全部バレてんのかと思うと
耳まで赤くなっているのが
自分でも分かる



そんな独りで顔を赤くしている僕を余所に
ヒチョル先生はユンホ先輩の
ありとあらゆる自慢話等を始めた
ユンホ先輩が小さい頃から可愛かったとか
やんちゃで顔にケガした事とか
スゴくダンスが上手いとか
そしてそんな可愛い弟を守る為に
ユンホ先輩に手を出すなってルールを
先生が作ったって事とか
実際 手を出そうとした奴に
恐ろしい?制裁を食らわせたとか




ヒチョル先生は得意気に話をしていた




あれ?ちょっと待て
おかしくないか??
僕 先生に何も危害加えられてないよな?




それどころか先生は僕とユンホ先輩の仲を
取り持ってくれようとしてるような?




ヒチョル先生の兄弟発言から
ここまで僕の頭の中は疑問で一杯になって
パンクしそうだった




そんな僕の様子に先生は




「そりゃ~最初は今まで通り
お前に制裁を加えようと考えていたさ
でもユノが あんなに嬉しそうに
チャンミン♪チャンミンって言ってるの
毎日聞かされてたら
洗脳されるって言うか何て言うか‥」




ヒチョル先生は髪をくしゃくしゃと
かき乱し
ハァ~とため息をついた




「まぁ…俺は重度のブラコンなわけよ
だからユノが悲しむよりもニッコリ笑ってて欲しくてさ
だからお前達を何とかしたい訳」




「分かるか!シム・チャンミン!!」




先生の気持ち…分かるような
分からないような
でもチョッだけ分かります…たぶん
何だか急に先生に対して
親近感を持った僕は大きく頷いて見せた




こんなに弟であるユンホ先輩を思っている先生なら
先輩が僕の事を避けている理由を知っていそうで
僕は率直に聞いてみた





『先生…ユンホ先輩は僕を避てるんですか?』




僕のこの質問にヒチョル先生は
方眉をつり上げて睨んできた




「あぁん……お前自分がユノに何したか
分かってないの?」





僕が?




ユンホ先輩に?




僕には見当もつかず
瞬きを繰り返してしまう




「……お前 教室でチョ・キュヒョンと抱き合ってたんだろ
それをユノに見られてんだよ!」




僕とキュヒョンが抱き合ってた!?




いつ?




キュヒョンと抱き合ってたぁ?
はぁ?ありえない!




僕は思いっきり顔をブンブンと
横に振って見せた




僕は頭を抱えて悩んでしまう





「あいつ体育の授業の時にグランドから
お前達の教室見てたらしいぞ
そうしたら お前がチョ・キュヒョンに
親しげに抱きついてたって」




グランドから?
それってまさか………




「それからのユノの落ち込みようったら
スゴくてな
まだ付き合い出して日が浅いなら
今のうちに別れろって言ったら
ユノの奴 悲しそうに笑うだけでさ…」




「お前 本当に浮気してないんだよな?」




僕は思いっきり顔を縦に
何度も上下して見せた




「誤解です!俺とキュヒョンはただの友達で!
たぶんユンホ先輩が僕達を見た時って…
ユンホ先輩の名前を呼べない僕に
練習台になってくれるって言った時で…』




僕が言いモゴモゴと言いよどんでいると
ヒチョル先生は呆れた顔をして
僕の絆創膏が貼られた鼻を
中指で弾いてきた




「お前…イケメンだけど
面倒くさいのな」




「でもまぁ ユノがお前の事
好きになったの分かる気もするわ」




ヒチョル先生は妙に納得すると
僕にもう一度チャンスをやると言ってくれた




「今からユノ呼んできてやるから
ちゃんとやれよ!!
今度失敗したら もう許さないからな!」




ヒチョル先生はそう話すと
ユンホ先輩を呼びに生徒会室を出ていった




先生!
ありがとうございます!!




僕はユンホ先輩が来てくれた時の為に
何度も名前を呼ぶ練習をしてみた




『ユノ…』




『ユノ…ユノ…』




僕は何度も何度も
ユノの名前を連呼した




うわっ恥ずかしい!!




でもここでやらなくては男が廃る!




『ユノ!』




「何…チャンミン」



!!!




先輩はいつの間にか
僕のすぐ目の前に立っていた





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


う~ん (´-ω-`)
何でこんなチャンミンに
なったんだろう……
チャンミン ファイティン!


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/02/08(月) 21:00:00|
  2. 夢見る二人
  3. | コメント:0
<<あいのかぜ*39 | ホーム | 日々のたわ言 2/7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する