ミエナイチカラ

夢見る二人・26

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




※チャンミンがヘタレてきてます
大丈夫な方のみどうぞ









チャンミン…



ズボン‥‥脱ぎたいんだけど‥



ユノのそこはジーンズを
押し上げていて
その状態が居心地が良くないのは
同じ男としてよく分かる
僕は慌ててユノの
ジーンズのボタンを外し
さらにジッパーに手をかけようとしたら
ユノに自分でするからと
前を隠されてしまった



『あっ……ゴメン/////』



気が動転していたとはいえ
僕はユノのアソコに手をかけた



ユノのアソコは僕と同じく
形を変えていて
僕は嬉しくなってしまう




ユノも大きくなってる/////



そう思うと僕のアソコが
益々大きくなってしまった



「チャンミンは‥…」



「苦しくないのか?」



いつの間にかジーンズの前を
緩めてしまったユノが
同じようにズボンの中で苦しそうにしている
僕のソコを気にかけて聞いてくれた



僕も苦しいです!



緩めていいですか!!



僕は自分の前を緩めようと
ズボンに手をかけると
ユノに止められた



えっ!?



僕はダメなの?



苦しくないかって
ユノから聞いておいて
それはないんじゃない?



僕は前を隠しながら
大きくなったコレを
どうしようかと考えていると
ユノが小さな声で



「チャンミン…俺が脱がせたい」



はい??



ユノが僕のズボン脱がしてくれるの!?



マジで!!



ユノが僕のアソコ触るの!?



僕は恥ずかしいより
興奮の方が勝ってしまって
素直にお願いしてしまった



ユノは僕の前にしゃがむと
少しもたつきながらも
ズボンから僕のアソコを取り出そうとする



「チャンミン…おっきくて…‥
上手く出来ないよ」



このユノの一言だけで
僕は弾けてしまいそうになってしまった










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


おっきいのぅ…(∵ )

※ミンホです…



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/02/29(月) 21:00:00|
  2. 夢見る二人
  3. | コメント:0
<<夢見る二人・27 | ホーム | 日々のたわ言 2/28>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する