ミエナイチカラ

夢見る二人・33

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




※性的描写がございます
閲覧は自己責任でお願いいたします




僕は気持ちが抑えられなくなって
ユノの昂りに触れた




自分も男だからのソレが
どんな物か分かっていたけど




ユノのソコはとても温かくて
僕の手の中でどんどん堅くなっていって
僕はものスゴく興奮した




『ユノ……いい?』




握っておいて いい?なんて
今さらだけど
僕は改めてユノに確認を取る



ユノはふふっと笑って
聞き返してきた




「何が‥?」




何がってこの状況…
分かってるくせに




僕は少し強めにユノのモノを握ってやる




「あっ」




『ユノ意地悪だね』




「チャンミンの方が意地悪じゃん‥」




ユノは僕が握りやすいよう
少し体を離してくれたので
僕はゆっくりと手を動かした




「…っ」




「ふっ……う…」




「……んぁ…」




僕の動きにつられて
次第にユノの声が色めいてくる




僕はもっとその声が聞きたくて
ユノの鈴口をグリグリしてやる




「ダメ…チャンミン
そこそんなに触るな……」




いいじゃん
もっとユノの声聞かせてよ




僕はリズムをつけて指を擦り続ける




ユノの先端からは
ぷくぷくと先走りが溢れ続ける




「やっ…」




『ユノ…嫌なの?』




そうじゃないのは
分かっていたけど
わざとユノを苛めてやる




『ヤらしいね…』




ユノは頭をふるふる振って否定する




「俺より‥チャンミンのがヤらしよ…‥」




そんなの分かってる
これからユノの全てを
自分の物に出来るんだから




僕はユノの前にしゃがみこみ
溢れ出るユノの蜜をペロリと舐めた











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



チャンミン吹っ切れた?(´-ω-`)
GO!GO!(笑)



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/03/10(木) 21:00:00|
  2. 夢見る二人
  3. | コメント:2
<<夢見る二人・34 | ホーム | 夢見る二人・32>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/10(木) 21:16:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ゆ○○ん様

コメントありがとうございます(*^^*)

そうチャンミン出来る子ですから!!
ユノをメロメロにしますよ〜(笑)

しばらくこんな流れですが
これからもお付きあいくださいね(*´-`)

  1. 2016/03/10(木) 23:42:57 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する