ミエナイチカラ

夢見る二人・34

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




※性的描写がございます
閲覧は自己責任でお願いいたします





「ばかっチャンミン!」




「そんなの舐めんな!」




ばかって何?




それにそんなのって何?




好きな人のアソコぐらい舐めるし
別にユノのアレ飲んでも
僕は別に構わないけど?




それより僕達もっとスゴい事するけど




ユノ大丈夫だよね?




僕はトロトロと溢れ続ける
ユノのソコをパクっと口に含んだ




「チャンミン!!」




僕はちょっと腰の引けたユノの
ウエストをがっちり掴んで
ペロペロとユノの昂りを舐め続ける




「ふっ……くぁ‥」




「チャン‥ミン…」




『ふぁに?』




僕はわざとユノを口に含んだまま
返事をした




「……んんっ」





『ユノ……』





『どぉしたの?』




ユノの膝ががくがくと震えだし
僕の口の中でビクビクと
ユノのソコが跳ねている




「んんぅ……はっ…」




「チャンミン…離し‥せ‥出る」




ふふふ…




ユノ気持ちいいんだ




僕はジュッと一際大きな音を立てて
ユノの先端を吸ってやった




「あっ…あっ……くっ‥ん」




僕の口の中に
ユノの蜜が溢れ出し




僕はそれを残さず
飲んでやった




「……っ………うっ……」




僕は手の甲で自分の口元を拭い
顔を上げると
ユノは今にも泣き出しそうな顔をして
僕を見下ろしていた





あれ?




ユノ気持ち良くなかった?





でもユノ イッたよね?





僕はユノの様子が気になって聞いてみた





『ユノ…今の‥嫌だったの?』





ユノはキュッと口を閉じると
コクンと頷いた





マジ?!





だってエッチでフェラしちゃダメなの?
そんな馬鹿な!?




僕がショックで呆然としていたら
ユノは何か感づいたらしく
違う違うと手を振ってきた





「違う‥嫌じゃなくて
その……あのさ…俺の方が先に
チャンミンにしたかったの!」





ん?
どう言うこと?




もしかして……





『僕が先にフェラしたから嫌だったの?』




ユノはそのプックリした唇を
アヒルのように付きだして
ウンと頷いた












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ぽくがリードしたいのぅ(∵ )


でもミンホだから(´-ω-`)
スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/03/11(金) 21:00:00|
  2. 夢見る二人
  3. | コメント:0
<<夢見る二人・35 | ホーム | 夢見る二人・33>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する