ミエナイチカラ

夢見る二人・36

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




※性的描写がございます
閲覧は自己責任でお願いいたします




興奮したソコを持たれ
ペロリと舐められたら
もうダメだった




ビクつく元気な僕のソコ




僕は呆気なくイキたくなくて
何とかソコを静めるために
違う事を考えようとした




え~と




う~んと




その間もユノは
ペロペロと僕のモノを
舐め続けている




あぁ~




もう~




他の事考えるなんて無理だ




益々大きくなってしまうソコは
涎が垂れるように
先走りが溢れてしまう




「チャンミン‥気持ちいい?」




いい…




いいよ……




すっげぇ…いい




もうイキそう




でもこのままユノの口に
出してしまうのは躊躇われ
僕は今にもイキそうなソコを
ユノの口から離した




『うっ…』





「あっ!!」




ユノの口から離した瞬間
僕はユノの喉元から鎖骨胸元を
自分の放った白濁で汚してしまう




『ごっ… ごめん』




「………………」




ユノは僕の白濁をすくい取り
恨めしげに見つめてきた




「ひどいチャンミン‥」




酷い!?




やっぱり嫌だよね
僕の掛けられちゃ…‥




僕は慌てて用意していたティッシュで
ユノの体に付いた白濁を拭き取った
ユノは体を拭かれる間
その様子じっと見ていた



「……」




「俺…‥」




「チャンミンと同じこと……
俺もしようって思ってたのに」




!!!!





僕はユノのその言葉だけで
元気を取り戻す





ユノ…‥僕 直ぐにでもイケますけど




『ユノ…』




「んん…?」




僕はユノを抱き寄せて
その耳元で囁いてやる




『口よりも僕はユノの中で
イキたいです…‥』




『いい?』




僕はユノの返事を待たず
押し倒していた










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

これからこれから
ファイティン(* ̄∇ ̄)ノ

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/03/14(月) 21:00:00|
  2. 夢見る二人
  3. | コメント:0
<<夢見る二人・37 | ホーム | 日々のたわ言 3/13>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する