ミエナイチカラ

ひたむきなアイツ

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ










チャンミンは昔から変わらず
何に対しても真面目だ



それは歌やダンスは勿論
演技だったり 人付き合いだったり



特に自分の興味のあるものは
周りの声も気付かないほど
集中して勉強するくらいだった






仕事が終わり
外で軽く食事を澄ませ帰って来た今も
チャンミンはリビングの
ソファに座ってスマホ片手に
何やら熱心に調べものをしている



俺はそんなチャンミンの邪魔を
したくなくて少し離れた所で
スナック菓子を啄みながら
テレビを観ていた



しばらくするとチャンミンが
おもむろに俺を呼んだ



『ユノ…』



急に名前を呼ばれて
俺は慌ててテレビの音量を下げた



「ゴメン チャンミン煩かった?」



チャンミンは違うとスマホ画面を
見たまま首を横に振っている



「…あっ? 俺…邪魔か??」



俺は中途半端になっている
スナックを持って自分の部屋に
戻ろうと腰を上げると
これまたチャンミンに止められた



「…‥…チャンミン??」



チャンミンは自分の隣を
ボスボスと叩いて
俺に座るように促してくる



俺は意味が分からないけれども
チャンミンの隣に腰を下ろした



「何??」



そこでようやくチャンミンは
スマホから視線を外して俺を見た
それが何だか嬉しくて
俺はチャンミンに体を寄せていく



『ユノ…乱れ牡丹しってます?』



「ん?何??ボタン外れてる?」



俺は慌てて自分の上着を見た



でも今着ているのはスウエットだから
ボタンは付いてない



「チャンミン? ボタン付いて無いけど」



『……………』



チャンミンはキョロキョロする俺を
無視して話を続けてきた



『…獅子舞って知ってます?』



今度は獅子舞?
これは韓国でも日本でも
見たことがあったから
俺は意気揚々と答えた



「そのくらい知ってる!
こう毛がフサフサしてるのが韓国ので
日本のは頭がめっちゃ凛々しいの!」



そう答えてんのに
チャンミンのリアクションが
かなりと言うか全くない



「………あれ?違うの?」



チャンミンはまたスマホに目をやり
また違う事を聞いてきた



『48手って知ってます?』



「48手???」



「それって何 ?全く知らない」



知らないから知らない
そう素直に答えると
チャンミンは俺に今まで見ていた
スマホ画面を見せてくれた



「!!!!!!!」



そこにはイラストだけど
男女が裸で様々な形で繋がっていた



『これが48手って言うんです♪
そのうちのこれが乱れ牡丹
これが獅子舞っていうのです~♪』



『スゴいですね♪♪
ユノ……どれ試したいですか?』



そう言ってチャンミンは
次々と俺に色んな体位を見せだした



俺は肩を震わせて
拳をギュっと握り締めた



「…んなのやるわけねぇだろ!!」



俺のパンチがチャンミンの
みぞおちに炸裂する



『…うっ……うぅ…』



チャンミンはお腹を抱えて
痛みに悶えだした



「変な事 覚えないでくれ!!」



俺は痛がるチャンミンを無視して
部屋に戻った








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



チャンミン ゴメンね
私のアホっぷりに付き合わせて(´д`|||)
どんな体位か気になった人は
調べてくださいね~('ε'*)


しばらく短めの話を
書いていきます←本当?



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/03/31(木) 21:00:00|
  2. オレのチャンミナ
  3. | コメント:2
<<狩人とピンクな熊 | ホーム | 夢見る・二人50 完>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/31(木) 21:11:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ゆ○○ん様

コメントありがとうございます(^-^)

チャンミン熱心に調べものしてるなと思ったら
すごいの調べてました(爆)

ゆ○○ん様も 熱心なんですね(*^^*)
何にだろう〜(笑)


また遊びに寄ってくださいね♪


  1. 2016/03/31(木) 22:44:10 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する