ミエナイチカラ

狩人と花嫁・3

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




いつもとテイストが違います
ご注意ください



チャンミンと弟ミノのやり取りを
物陰から聞いてしまったユノユノは
ショックを受けて
皆に分からないように
家を飛び出してしまいました



「弟さん……ぽくの事‥嫌いみたい」



ユノユノはすっかり
しょげてしまいました



どこに行くでもなく
ポテポテと歩き続けるユノユノ



家から離れ 森の入り口に
差し掛かった所で
ユノユノは馴れないドレスが
足にひっかかりドッテっと
コケてしまいました



今日のためにチャンミンや
母親が用意してくれた白いドレス
胸元にはユノユノが母親にお願いして
付けてもらった大きなリボンが
ゆらゆら揺れています



そのリボンからお腹裾まで
ドレスは土で汚れてしまいました
ユノユノは慌てて汚れを落とそうと
ポンポンと叩きますが
益々よごれが広がっていきます



「……………ドレス」



「汚し……ちゃっ‥た…」



「………………」



「……………‥…ふぇ‥」



ユノユノの目には涙がモリモリと
溢れてきました



「………チャンミンさん」



「…………ごめ…んなさい」



ユノユノの頬には
次から次へと涙が伝い
それをユノユノは手の甲で
拭い続けました



おかげでキレイにしてもらった
化粧は すっかり落ち
顔には土まで付いてしまいました



「…………ふっ…う」



「チャンミンさ…ん………」



「チャンミンさん…‥」



ユノユノは何とか涙をこらえ歩きだすと
森の中に入っていってしまいました






一方その頃 チャンミン





ミノを諌め支度が終わったであろう
ユノユノを迎えに部屋へと向かいました



『ユノユノもういいかい?』



チャンミンさん♪と嬉しげに
その可愛い姿を見せてくれると
思っていたのに部屋には
ユノユノの姿が見えません



不思議に思ったチャンミンは
部屋に居たユノユノの母親に
聞いてみました



『お母様 ユノユノは?
トイレでも行ってるんですか?』



ユノユノの母親は
少し前に支度を終え
ユノユノはチャンミンの元に
向かったと言うのです



『……えっ?
ユノユノこちらに来ていませんが…』



「来てません? トイレかしら?
ちょっと見てきますね」



ユノユノの母親はトイレへと
確認しに行きました



様子を見に行った母親は慌てて
チャンミンの元に戻って来ました



「チャンミンさん!!」



『ユノユノ居ましたか?』



母親は大きく顔を横に振って
他の部屋も覗いて見たけど
どこにもユノユノが居ないと
顔を青ざめさせました



「あの子 どこに行ったのかしら?」



『……………』



「確かにチャンミンさんの所に
行くって出て言ったのに…」



『………探しましょう』



ようやくユノユノが姿を消したことに
気付いた一同は ミノも含めて
ユノユノを探しに出る事にしました



『ユノユノ……』



チャンミンは念の為に
猟銃を手を取ると
捜索に向かいました






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


あれ?
気付いたらカウンターが
4万回りそうですね

踏まれた方
ご一報ください
カウンターはPC版に付いてます
お手数をおかけしますが
menuから切り換えて下さい
スルーもOKです


前回自分で踏んだからなぁ……
気を付けないと(´-ω-`)
でもちょっと嬉しかった


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/04/07(木) 21:00:00|
  2. 狩人と妖精
  3. | コメント:2
<<狩人と花嫁・4 | ホーム | もっともっと・2>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/04/07(木) 21:28:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ゆ○○ん様

コメントありがとうございます(*^^*)

ユノユノにちょっと試練です
大丈夫ですか?

また自分でキリ番
踏んだら笑ってください
  1. 2016/04/07(木) 22:43:51 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する