ミエナイチカラ

もっともっと・4

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ











「なぁなぁ~ユノ~
今度 イケメン警官さんに
謝りに行こうぜ?」







ドンへに息抜きしようぜと
声をかけられ
会社の近くのカフェで
俺は大好きなココアラテを注文し
カップに口をつけ
あぁ~至福のひと口…



その瞬間に言われたその一言に



俺は口に含んだココアラテを
ドンへに向かって噴き出してしまった



「うわっち~!!
汚ねぇ~なユノ!!」



熱いも 汚ねぇも
おまえが変なこと
言うからだろが!!



俺は近くにあった紙ナプキンで
ドンへの顔に付いたココアラテを
脱ぐってやる



「お前 ぬかしたこと言ってんだ?
何でアイツに謝りに
行かなきゃなんねぇの!!」



「ユノ~俺達
イケメンさんに迷惑かけただろう?」



……確かに



迷惑はかけた
それは認める



でも思い出したくもないし



顔を見たくもないし



俺達はあの時
二人揃って吐く寸前で
ドンへはイケメン警官の連れに
俺はイケメン警官に介抱してもらったのだ



俺達が落ち着くまで
側にいてくれてただけならいいんだが
俺達は飲み代を出してもらったあげく
各々 家にまで送ってもらったのだ




相手が警察官とは言え
見知らぬ他人



男 チョン・ユンホ



一生の不覚……



まぁ 金の事は
アイツらが大丈夫だと言ったから
俺の知った事じゃねぇし…
ドンへを送っていった奴が
金持ってるとか言ってたからな



俺が眉間にシワを寄せて
嫌な顔して見せてんのに



ドンへの奴
勝手に話をまとめだした



「じゃ決まりな!!
今日 仕事上がったら行ってこようぜ!」



おいおい俺の意見は聞かねぇの!?



つーか お前連絡先知ってんの!?



ドンへは送ってもらった
イケメン警官の連れ
(コイツも警察官らしい)と
連絡先を交換し
ソイツの方から勤務先まで
教えてもらったらしい
ドンへは随分 優しくしてもらったと
浮かれているけど



………それってもしかして



ナンパじゃね?



とにかく俺は流れに逆らえず
ドンへと一緒に
イケメン警官達に謝りに行く事になった





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


イケメン警官の連れは
同じ警察官のあの方です( ・∇・)


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/04/13(水) 21:00:00|
  2. もっともっと
  3. | コメント:0
<<狩人と花嫁・7 | ホーム | 狩人と花嫁・6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する