ミエナイチカラ

もっともっと・12

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




可愛かった?




誰が?




お前が?




あぁ…俺に言った?




…‥言ったよな




やっぱり俺達ヤっちゃった?
しかも 俺がヤられちゃった?




でも痛くも何ともないし




う~~ん




もしかして才能あったら
痛くねぇとか??




グルグルと考えていても仕方ないし
どうせならはっきりしたくて
俺はシム・チャンミンに聞いてみた




「なぁ…‥」




『はい?』




「その……」




「だからだよ…」




『はい…』




『ぷぷっ……チョンさん
いつまで パンツ
握ったままなんです?』




へっ?パンツ?




自分では気付かなかったけど
俺はパンツを握ったままだった




あれ?
お前もう着替えたのか!
俺だけフルちん!!




俺はシム・チャンミンに背中を向け
息子を見られないようにしながら
パンツに片足を突っ込んだ




『………』




『ふふふっ…チョンさん…』




「こっ今度は何だよ!!」




『 いい尻してますね…』




ぎゃ~~




何言ってんだ
何言ってんだ
どこ見てんだお前!




俺のケツやっぱり いいんだ…‥




俺は慌てて尻を隠して
体を反転させた




そして 再び揺れる
俺の息子ちゃん……




『ぶはっ!!』




『チョンさん… 面白すぎ』




シム・チャンミンは
腹を抱えて笑いだした




全然 面白くねぇし!!




それもこれも
お前が変な事言うからだろ!!




俺は側にあったシャツを
シム・チャンミンの
顔をめがけて投げつけた




「見んな!!」




………って




今から着るシャツ
投げてどうすんだ俺




どうして こんなにヌケてるかな…




俺は そそくさとパンツを履いて
シム・チャンミンから
シャツを奪い取った




俺 コイツに 何聞くんだったっけ…‥





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


まだフルちん
いい加減離れなはれ‥( ̄∇ ̄)



口の中の痛みは
どうやら親知らずらしいです←今頃
今 患部周辺の消毒と
薬の服用で腫れが引くのを待ってます
ご心配かけてすみませんでした
m(__)m




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/05/11(水) 21:00:00|
  2. もっともっと
  3. | コメント:0
<<妖精と束縛 | ホーム | 妖精と声>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する