ミエナイチカラ

もっともっと・16

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ





俺…どうしたんだろ



いや…



どうしたじゃないか……



アイツの事が何故か
気になって 気になって…‥



俺は ここ何日か会社帰りに
派出所に来ていた
もちろん中には入らない
少し離れた所で見てるだけだ



メールすれば いいじゃんって
思うだろ…‥



でも出来ないんだ…



いい年した大人なのにな



本当…何やってんだろ



自分でも 変な事してるって
わかってる…‥
こんなストーカーみたいな…



ストーカー?



あれ…



えっと……マジ!?



俺‥アイツ…‥



シム・チャンミンに
ストーカーしてる!?



俺は 顔をブルブルと横に振って
自分はストーカーとは違うと
一人で否定した



ちょっとアイツの顔を
見れればいいだけだから



俺はそう独りごちて
派出所の様子を伺った



いつもならこの時間
シム・チャンミンが居るはずなのに
今日は シウォンとか言う奴と
少し年配の警官しか
派出所には居なかった



あれ…‥…



居ねぇや



どこかパトロールに出てんのか?
それとも休みか?



しばらく見ていたけど
アイツが居ないなら
ここに居ても 意味ないし
俺は仕方なく 家に帰る事にした



「………残念」



俺が派出所に背を向けた
ちょうどその時 急に後ろから
羽交い締めにされてしまった



「えっ!?」



俺は後ろに居る奴を
確認するまでもなく
その声で誰なのか分かってしまった



『何やってるんです?』



『もしかして……僕が居なかったから
もう帰るんですか?』



「……………」



俺を羽交い締めしたまま
シム・チャンミンは
俺の耳元に口を寄せてきた



『ユノさん……
何でメール返してこないんです?』



『それなのに 毎日ここに来て…』



『………ユノさん…どうしたの?』



どうって言われてもな…



それ 俺に言わせるか?



俺はシム・チャンミンを
振りほどこうとしたけれど
それを上回る力で
抱き締められた



『何で ここに居るのか
言うまで離しませんよ』



「…‥‥‥‥‥‥‥」



言えって言うのか…‥



そんなの無理だろ





俺は思いきって声をあげた



「お巡りさんが 変な事する!!」



シム・チャンミンは驚いて
辺りを見回し慌てて俺を離したので
俺はその隙に逃げ出した




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/05/18(水) 21:11:04|
  2. もっともっと
  3. | コメント:2
<<狩人の心配 | ホーム | もっともっと・15>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/05/19(木) 08:31:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ge○○○i様

コメントありがとうごさいます(*^^*)


格好いいと言ってもらえて
嬉しいです(*´-`)

早くユノさんにチャンミンの腕の中に
飛び込んでいって欲しいものです
一応自覚はしてるのになぁ…たぶん(笑)


よろしければ
これからも遊びに来てくださいね♪




  1. 2016/05/19(木) 16:07:22 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する