ミエナイチカラ

もっともっと・20

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ





『ユノさんの顔を見かけないと
寂しいんです…』



何て事言われて
ハイそうですかって
終われるはずもないだろ?



俺は身1つで家を飛び出し
チャンミンの勤務する
派出所に向かった




俺のアパートから派出所まで
近いと思っていたのに
今日は意外と遠く感じる



チャンミン…‥



俺もチャンミンの顔見たい…



アイツも俺の顔見たいって
言ったもんな



うん……



どうしよう…‥



俺……



期待しちゃうからな



そんな浮かれた俺は
よっぽどフラフラしてたのかな?



俺は1台のパトカーに
すれ違い様に呼び止められた



《そこの男性 止まりなさい》



最初は自分が止められたとは
思っていなかった俺は
その警告を無視して歩き続けた



《そこのフラフラしてる君!》



俺は辺りを見回し
他に人がいないことを確認した



ん?



もしかして俺の事
呼んでんの??



俺は足を止め
自分を指差した



《そう!!》



えぇぇぇぇ!!



何でぇ???



俺 何かした!?



戸惑う俺の直ぐ横に
パトカーが止まる



チャンミンの待つ
派出所まで直ぐそこなのに



勘弁してくれよ………












警察の所とか
色々ツッコミどころ満載ですが
さらりと流してくださいね (;^_^A


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/05/25(水) 21:03:32|
  2. もっともっと
  3. | コメント:0
<<もっともっと・21 | ホーム | 妖精の先輩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する