ミエナイチカラ

ルール

僕達にはいくつかのルールがある。
仕事の事や、日常生活の事



珍しくコンビニに出掛けたユノが
戻ってからガタゴトと
音を立てているのが聞こえる。



「チャンミン~」




ユノに呼ばれて
リビングに行ってみると
大量のビールがテーブルに並べられていた。


「どうしたんですか?」
僕の問いかけが聞こえなかったのか
「 これ!!」
1枚のメモを僕に渡して
サッサとユノは部屋に戻って行く。


メモには 一言だけ書いてあった。


ふふっ…


プレゼントはあげない…
貰わないじゃなかったんですかね……


僕は10本近く並べられたビールを
手に取ってみる。
よく見ると銘柄が全部違う。
中にはビール以外の物も混ざっている。
まぁアルコールは好きですから。
遠慮なく頂きます!


テーブルにはビールの他に
大量のスナック菓子まで買ってあった。
きっとツマミなんだろう。
スナック菓子を物色してると
中にストローが一本混ざっていた。
そしてスプーンとおしぼりまで混ざっている。
ビールにストローは使わないし、
スナック菓子でスプーンも使わないし、
今のコンビニではおしぼりって
何にでも付けてくれるのか?


そういえばユノのジャケットの
ポケットがかなり膨らんでいたような…


ふふふっ
ユノを呼んでこのビールで一杯やろうか?
わざとらしくストローやスプーンの事
聞いてみようか?

きっとユノの事だから、
ビールやスナック菓子以外
買ってないって言うんだろうな
その時のユノを想像したら
自然と口元がゆるむ。


ユノに
ありがとうって言ったら
きっと僕以上に顔を赤くしそうだな。




そして僕はユノの部屋の扉を
ノックする。








ありがちな話ですが
書いちゃいました(;^_^A
ユノは自分用に何を買うかな?
ロールケーキとか買うかな?と
妄想したら止まらなくなりました






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/05/04(月) 21:53:20|
  2. 僕のヒョン
  3. | コメント:0
<<腹が減っては~ | ホーム | 熱い人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する