ミエナイチカラ

もっともっと・28

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ






会計に向かうチャンミンを
俺は慌てて追いかけた



「ちょっ…チャンミン!!」



「帰んの!?」



「なぁ……ちょっと待てって」



「チャンミン!!」



問い詰める俺の事など
チャンミンはお構いなしで
二人分の精算を済ませ
さっさと店を出てしまった



「チャンミン!!」



「チャンミンってば!」



どれだけ名前を呼んでも
チャンミンは足を止める事なく
俺の先へと歩いて行く



せっかく 楽しく飯食って
いい雰囲気だったと思ったのに…
どうして?何がダメだった?



これじゃ きっと次なんて無い



そんなの嫌だ
俺…もっとチャンミンと
飯食いに行きたい
飯だけじゃない
もっと映画とかカラオケとか
色んな事したい



もっと話したいよチャンミン



そう思った時
チャンミンが足を止め
眉尻を下げて笑っていた



『………ユノさん』



『………そんなに僕の事好き?』



俺は迷う事なく頷いた



『スミマセン……意地悪しちゃいました』



意地悪?



俺 チャンミンに
意地悪されてた?



『僕だけが 好きなのかと思ったら
ユノを試したくなりました』



「………‥…………?」



どういう事???



『ユノ…‥僕と…‥
付き合ってくれませんか?』



「付き合う…‥って?」



俺って頭悪い……よな…



俺はチャンミンの言ってる事が
よく分からなくて固まってしまった






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/06/04(土) 21:15:50|
  2. もっともっと
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言 6/5 | ホーム | 狩人の囁き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する