ミエナイチカラ

もっともっと・33

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







「ふっ……ん…ん………んっ」




『ん…んん…‥ユノ……』




「う……っ‥チャン…ミン」




「チャンミン………」




俺から仕掛けたキスだったけど
いつの間にか お互いが貪りあうように
深いキスを繰り返していた




「……ん…んん」




『ユノ…ユノ……』




「んん…やっ……っっ…」




ちょっ…
ちょっ …‥待った




頼むから…
ちょっと待った……



ヂュっ…クチュ…
などと水音が
俺の頭に響いてくる




俺は一旦 唇を離そうとするけど
チャンミンにがっちり後頭部を
押さえられ動けなかった




「ん……ぁ‥ふっ……う」




舌を深く絡めとられ
俺の口からは唾が溢れ
自分の顎どころか
チャンミンまで汚していった




「ふぁ …チャンミ…ン
ちょ…と 待て……」




俺はなんとかチャンミンから逃れ
手の甲で自分の口を拭うと
チャンミンの元を拭った
シャツの袖で拭った




「ゴメっ………んん!!」




「チャンミン!!」



俺がせっかくベタベタに
なってしまった口元を
拭いてやってんのに
チャンミンは そんな事お構いなしで
素早く俺の顎をクイッと持ちあげると
今度はチャンミンの方から
唇を重ねてきた




「んんっ…っ……チャンミン」




『ユノ…‥』




チャンミンはちょっと
鼻にかかったような……
甘ったるい声で俺の名前を呼び続けた




何だよお前のその色っぽい声




ヤバい




ヤバいだろ




チャンミン止め……




『ユノ…‥ユノ』




止まんね……ぇ‥や




あぁ……お前のせいで
アソコがもうガチガチだよ




俺は自分のソコが元気なのを
チャンミンに悟られないように
体を少し離していたのに
チャンミンは俺のソコに
自分のモノを寄せてきた




「……うっ……つっ…」




『ユノ…‥…』




『ユノ…‥熱いね』




何が熱いだ………




わざとやってるくせに……




そう思ってはみても
俺はチャンミンに与えられる
刺激に逆らえず
自分から腰を揺らしていた







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ミンホよね……(´・ω・`)


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/06/10(金) 21:00:00|
  2. もっともっと
  3. | コメント:0
<<もっともっと・34 | ホーム | もっともっと・32>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する