ミエナイチカラ

もっともっと番外編・6

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ



※性的描写がございます
閲覧は自己責任でお願いします




「………んっ…う」



「あ……うっ……んんっ………」



ユノはキスだけで体を奮わせ
その度に手錠が
カチャカチャと音を出す



それが刺激となって
僕は益々興奮していった



『ユノ…‥』



「チャンミン……」



サイズの合わない制服を
着ているからか
それともユノも
興奮してきているのか
触れてもないのに
ユノの乳首は立ってきていた



僕はその主張しだした
乳首を服の上から
クリクリッと弄ってやる



「ふぅ……んん…」



「や………だ……」



やだって言っても
説得力ないよ……



合わないズボンで
ピチピチだったユノのあそこは
今はピチピチではなく
パツパツになってきていた



僕はその様子を見てほくそ笑んだ



『ユノ…‥スッゴく 興奮してる』



ユノは顔をまっ赤にしながら
ブンブンと横に振って否定した



「してない!興奮してんの
チャンミンだろ!!」



「俺はただ警察官の制服
着てみたかっただけだから!!」



『本当に?』



『手錠も? 』



ユノは勿論とばかりに
今度は顔を縦に振った



「手錠なんて 見ることも
触ることもないから
1度してみたかっただけ!!」



『ふうん…そう…‥?』



意外に強情…‥



それなら……‥



僕はパツパツになってきた
ユノのあそこに手を伸ばしてやった








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


更新予約したつもりが
保存もせずに消していました
慌てて 書き直し……(。´Д⊂)
こんな腐った話だから?
私がマヌケなだけ…



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/06/22(水) 21:28:28|
  2. もっともっと
  3. | コメント:0
<<もっともっと番外編・7 | ホーム | もっともっと番外編・5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する