ミエナイチカラ

もっともっと番外編・11

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ



※性的描写がございます
閲覧は自己責任でお願いします





「ふぁ………チャンミ…ン」



ユノのソコは
少し 大人しくなっていたけど
僕が触ると直ぐに張りつめてきた



「あっ…やめろってぇ…
手錠外すって………ん…言ったじゃん」



『えぇ…外すつもりでしたよ…』



『でもそれ以上にユノが可愛くて
我慢がきかなくなっちゃったから
仕方ないです』



「バカ!!」



ユノはまた手錠外せと
暴れそうになったけど
僕は構うことなく
制服を脱がせていった



こういう衣装って
そういう使い道をするからだろうか



片手でも易々とユノのパンツまで
脱がせる事が出来た



「わっ……チャンミン!!」



ユノは僕に見られないように
太ももを寄せて何とか
昂ったソコを隠そうとするけど
手の自由が効かない状態じゃ
上手く隠すことも出来ず
僕にいいように脚を開かされてしまう



「!!!!」



『…………………』



プルんと揺れるソコに
僕はゴクりと喉が鳴った



「やっ!やだって!!
チャンミンの変態!!先 外せって!」



もう体には手錠しか
付けていないというのに
ユノはまだ抵抗しようと
僕の下で 足掻いている



『変態でも構いません』



『ユノはこういうの興奮しません?』



そう言うとユノは顔を赤くしながら
興奮しねぇし!と否定するけど
ユノのソコは先程から先走りが
タラタラと先端から棹へと伝っていた



『興奮しないんですか?』



『これでも?』



僕はユノに見せつけるように
舌舐めずりすると
ユノのソコをパクリとくわえやった



「あぁ………」



「んん…やぁ………」



僕の口淫にイヤイヤと言いながらも
次第にユノの腰が揺らめきだしたので
思いきり先端をジュッと吸い上げてやる



「ああぁ………ぁん…チャンミン」



危うくイキそうになる
ユノのソコを僕は一端離して
今度はゆるゆると手で扱いてやる



「んんっ………チャンミン」



「やぁ………ん」



その甘い声に
僕はもっと興奮してきた



『ユノ…………』



『僕はユノに興奮します』



そう言って ユノに
僕のパンパンになった
アソコを見せると



ユノはようやく



「俺も……ちょっと興奮してる…かも」



そう言って大人しく
僕に体を預けてきた







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


旦那さんの誕生日に
変態妄想中な嫁さん……(  ̄▽ ̄)
有り有り!!

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/06/30(木) 21:00:00|
  2. もっともっと
  3. | コメント:2
<<もっともっと番外編・12 | ホーム | もっともっと番外編・10>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/07/01(金) 04:50:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

た○○う様

おはようございます(*^^*)

旦那さんへの メッセージ
ありがとうございます♪♪

そう根っからの腐女子←女子?
なんで仕方ないです〜(笑)
アンアン言わせたい←誰を(もちろん…)

これからもお付き合いくださいね(*´-`)


  1. 2016/07/01(金) 07:13:02 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する