ミエナイチカラ

恋月・12

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








あれから二人は
何度か王宮に呼ばれ
王様の前で歌を歌いました




いつもは二人一緒に
呼ばれるのですが
ユノ一人 チャンミン一人だけ
呼ばれるという事もありました




そういう時はお互い
どうだったのか 何をしたのか
王宮から戻ると話しました




「今日さ王様と双六して
俺が勝っちゃったんだ~」




とユノが得意気に言えば
チャンミンは負けじと




『僕は王様から
お酒を頂きましたよ』




と言い合う程で
二人の前では飾らない姿を見せる
王様の人柄に二人は次第に
引かれていきました





そんなある日
ユノが一人王宮に出掛けたまま
一晩帰って来なかったのです




何時 王宮に呼ばれても
その日のうちに戻ってきていたのに
帰って来ないなんて




チャンミンはユノに
何かあったのかと
気が気ではありませんでした




そして次の日の朝早く
ユノは戻ってきましたが
随分と疲れた顔をしていました




チャンミンは心配で
ユノに詰め寄りました




『戻って来ないなんて…
どうしたんですか?』




『王宮で何かあったんですか?』




いくら聞いてもユノは
硬い表情のまま
何も答えてくれません




それどころか 疲れたので
奥で休むからと寝室に
閉じこもってしまいました




チャンミンはユノに
何があったのか突き止める為に
王宮に向かって行ったのでした










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



明日の更新は
遅くなるか お休みます
よろしくお願いいたしますm(__)m


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/07/29(金) 21:00:00|
  2. 恋月
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言・ 7/31 | ホーム | 至福の時間?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する