ミエナイチカラ

ミノとユン

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ









兄上とユノユノの子供




僕にとっては甥にあたる
ユンはとっても可愛い




クリクリとした 大きな目に
スッと通った鼻筋
赤子の割りに髪はフサフサで
襟足がクルンクルンな所が
兄上とそっくりで




とにかく可愛い!




今まで僕は幼子に対して
苦手意識を持ってたけど
ユンと関わるようになって
こんなに子供って
可愛いんだと気付いた





ユンは僕が来ると
目茶苦茶 笑ってくれるし
僕が抱いてもグズらないし
この前は 僕の腕の中で
眠っちゃったんだ





本当にユンは可愛い!!





だから兄上とユノユノの
二人の時間の間
僕でも大丈夫だろうと
ユンを預かったんだ





余裕だろ




そう思ってた










しばらくの間 ユンは
いつも通り 僕の腕の中でも
キャッキャッとはしゃいでいた




もうその様子が
とても可愛くて
僕は頬が緩みっぱなしだった




「ユン~~可愛いなぁ~」




「僕はお前のオジちゃんだぞ~」





「ぶぅ………」





「今な~ お前の父親と母親は
お楽しみの最中なんだぞぉ~」




そうユンに話しかけたら
ユンは顔をしかめて
もの凄い勢いで泣き出したんだ




ユノユノの話じゃ
おっぱいもおしめも大丈夫だって
話だったのに




ユンは僕の腕の中で
体全体で踏ん張って
思いっきりイヤイヤして
落っことすかと思うくらい暴れだして
どうしたら 泣き止むのかと
悪戦苦闘していたら




ユンの泣き声に気付いたユノユノが
僕達の所に来ると
ユンを抱き上げて あやしだし
ようやく一息ついたのも つかの間




後から来た兄上を見て
僕は血の気が引いたんだ




兄上………




顔が無表情というか…
目がすわってて
はっきり言って





怖い




『……………』





「…………」






兄上のこの様子





ここは逃げないと
絶対にヤバイ!!





「えっと……」





「用があったの忘れてました!
帰ります!!ユノユノ またな!!!」





「じゃ!!」





そう言って僕が駆け出すと
後ろの方から
兄上の地を這うような低い声が
聞こえてきた





『ミノ……またな』





「………………」





「は…い」











ほとぼりが冷めるまで来ません
そう思った瞬間だった







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ミノの受難でした~

恋月進めないとと思うのに
違う話を挟める私…(  ̄▽ ̄)


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/08/02(火) 21:00:00|
  2. 狩人と妖精
  3. | コメント:2
<<恋月・13 | ホーム | 狩人とタイミング>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/08/02(火) 21:49:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

wi○○○○i様

こんばんは〜(・∀・)ノ
コメントありがとうございます♪



ミノの言葉に
ユン 反応しちゃいました(笑)

チャンミンには悪いけど
しばらくエッチは お預けです
せっかくユノユノも したかったのにね
チャンミンVSユンってのも有りかなと



これからもお付き合い
頂けると嬉しいです(*´-`)








  1. 2016/08/03(水) 00:24:16 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する