ミエナイチカラ

お酒の事情・3

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ





※軽い性的描写がございます
閲覧は自己責任でお願いいたします







『ユノ……』




『起ってねぇです……』




僕と同じくユノのソコも
ギンギンになっているだろうと
思っていから




僕は正直ユノのソコを見て
ガックリきてしまった




ユノは僕のアソコと
自分の息子ちゃんを
ジッと見比べると




ちょっとドヤ顔で




「だ~か~ら~ダメだってぇ~
言っただりょ……」




って フニャフニャ言いながら
僕に体を預けて
瞼が半分以上 閉じだした




「チャンミ~ンおや……すみ…」




えっ!?




ちょっと待て!!




マジで ユノ寝るの!?




待って!本当に待って!!




僕はシタいんです!!




痛いくらいに
勃起していた僕は
何とかユノに
付き合ってもらおうと
キスしたり 胸を揉んだり
舐めたりと あらゆる事を
ユノに施した








どれだけ飲まされたんてすか( ´・J・`)


ほんのチョッとだよ…( ∵)






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


今日も 仕事忙しかった……(;´д`)
短くて すみません
スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/09/03(土) 21:35:48|
  2. SS
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言 9/4 | ホーム | お酒の事情・2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する