ミエナイチカラ

恋月・36

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








side Y






お妃様は 王様に分からないよう
俺を襲ってきた



回廊でお妃様仕えの内官や女官と
擦れ違った時に足をかけらそうになったり
俺の使わせてもらってる部屋の片隅で
呪術に使う人形が出て来たり
そこまでなら 可愛い
悪戯みたいなものだった




だが 俺の食事に何らかの薬を
混ぜられた時には もう駄目だと思った
幸いなことに身籠っていたためか
俺は食欲が無くて
食事は口にはしなかったが



このまま王宮に居ては
自分の……お腹の子供の
身の安全を確保出来ないと判断し
俺は 宿下がりを王様に願い出た



王様には 王宮を出る理由を
上手くはぐらかして話したと思ったのに
賢い王様には 俺の嘘などお見通しだった




王様は 俺の宿下がりを許可し
王宮を出ても お妃様の手の者が
俺の元にやってくるかもしれないと
この街から 遠く離れた地での
子供の出産を薦められた




俺は即刻 王宮を出る支度をし
この街から離れた



ただ先を急いだので……
俺はチャンミンに連絡を入れなかった













にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


短っ!(つд;*)
許して!
スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/09/17(土) 22:00:00|
  2. 恋月
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言 9/18 | ホーム | 恋月・35>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する