ミエナイチカラ

恋月・37

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ









side Y






俺は王様の薦める
王宮からかなり離れた
小さな村に身を寄せた



そこにはお妃様の手も届かず
村の人達は他所者の俺を
暖かく迎い入れてくれて
俺は村に馴染んでいった



それから間もなく俺は
村の産婆さんや
親しくなった人達に
見守られて男の子を産んだ



とっても元気な声をあげて
とってもシワシワの顔をしてて



チャンミンと俺
どっちに似ているなんて
よく分かんないけど



無事に産まれてきてくれて
とっても嬉しくて



俺は知らず知らず
涙を流していた



「チャンミン……」



「産まれたよ……」



「男だった…‥」



子供は俺の腕の中で
すやすやと眠っていた



俺はその小さな頬に
自分の頬を寄せた




「チャンミン……」



「名前……俺が決めるな」










俺はチャンミンに
伝えられぬ現状を悔いた

































にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


なんか ユノside重い?
この話自体重い………(。>д<)

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/09/20(火) 22:01:12|
  2. 恋月
  3. | コメント:0
<<僕の日常 | ホーム | タイミング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する