ミエナイチカラ

初めての*** 1

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※変態ですよ!
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ






※ 性的描写がございます
管理人の変態度が増してます(爆)
閲覧は自己責任でお願いいたします
でも鍵はつけない










「…………ふぅ」



ふうってねユノ



僕のモノの前で
深呼吸されてもね



初めてだから
戸惑うのもわかるけど



するなら早くして欲しい



あまりにも時間がかかりすぎて
僕 萎えそうですけど











今夜は初めてユノが
僕のをくわえて…
フェラしてくれる事になって



僕は興奮して ものスゴく
アソコをギンギンに勃ちあげ
準備万端で待っているんだけど



ユノは僕の足の間で
僕と同じ位の身体を丸めて
僕のモノのをジッと見つめている



そして何度も何度も
僕のモノを手に取っては離し
ため息をついている



「はふ……ぅ……」



『……………』




あまりにも ユノが躊躇っているものだから
僕はいたたまれなくなってしまう



この様子じゃ今夜は無理だと判断した僕は
今日は僕にさせてくださいと
ユノに声をかけようとした丁度その時
ユノが急に僕のモノをギュッと掴んだ




『!!!』




「良し!やるぞ!!!」




『痛っ………』




ユノ…



えっ‥とですね…



頑張ってくれてるのは
有り難いです…



くっ…………




棹はまぁ…
いいですよ




だけど‥頭…まで強く掴みすぎ………




僕はユノにアソコを掴まれたまま
悶絶した




「チャンミン?」




「どうした??」




どうしたもこうしたも……




ユノも男なら
僕の状況わかるでしょ……



もっとよく見て掴んでよ…



僕はユノにアソコを
離してもらいお願いした




僕がヤルのしっかり見てろって
















アンタ どんだけ握力強ぇんです( ´・J・`)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


あぁ……変態 ( ̄▽ ̄;)
皆さん 大丈夫ですか?
ついてきていただけます?
不安 (T▽T)

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/09/22(木) 22:00:00|
  2. SS
  3. | コメント:0
<<恋月・38 | ホーム | 僕の日常>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する